NEW

パチンコメーカー高尾が倒産…信頼を失った“カイジHIGH&LOW問題”とは?

文=山下辰雄/パチンコライター
【この記事のキーワード】, ,
パチンコ台(「Wikipedia」より)
パチンコ台(「Wikipedia」より)

 パチンコホールの相次ぐ閉店、パチンコ雑誌の休刊、メーカーの人員整理など、暗い話題には事欠かないパチンコ業界。そうした中で、人気シリーズ「弾球黙示録カイジ」や激アツ柄のキレパンダなどで知られるパチンコ機器メーカー・高尾が5月30日付で民事再生法の適用を申請した。パチンコ・パチスロユーザーにとって青天の霹靂といえるこの一件を、業界人はどのように受け止めたのか。パチンコ雑誌のベテラン編集・H氏に話を聞いた

模倣台、カイジ問題、社長殺害…

――高尾の件を聞いたとき、どう感じましたか?

H氏 ビックリした、の一言に尽きます。「カイジ」の他にも「一騎当千」「ピラミッ伝」「クイーンズブレイド」みたいな、かわいくて少しエロい女の子キャラの台をつくるのが上手ですし、固定ファンがついていましたから。

――「ベノムの逆襲」や「ダークフォース」のように、初見で「何だこれは?」と思わせる尖った台も高尾の真骨頂ですね。

H氏 そうそう。金太郎飴のような台ばかりの近年において高尾は個性的な台が多いので、演出やスペックから大きなパチンコ愛を感じるメーカーの一つです。個人的には「蛭子能収」や「銭形平次」も好きでした。

――どちらも他社の模倣台ですね。「こんなことやっていいの?」って驚くくらい斬新でした(笑)。さて、そんな高尾がどうしてこうなったのか。

H氏 やっぱり、2018年の「カイジHIGH&LOW」の問題が転機になったように感じます。そのときの対応や補償も、ホール側が満足いくものではなかったと聞きますし。

――営業資料に書いてあった数値と、実際に導入された台のスペックに大きな違いがあったというものですね。

H氏 あれでホールから信頼を失ってしまった。その直後に内ケ島正規社長が殺害されるなど、会社を根本から揺るがす出来事が続く中、関係各所から信頼を取り戻す前に新型コロナによる逆風をもろに受けて売り上げが減少。資金繰りの目途がつかなくなった、と。

――2015年にマルホン工業、奥村遊機、去年は愛喜が破綻し、今年は高尾。一方で、目立ったヒット作もないのにつぶれないメーカーもあります。

H氏 某老舗メーカーは「パチンコの機構に関する莫大な特許料が入ってくるから、台がヒットしなくても大丈夫らしい」と噂されたこともありました。でも、特許が切れたり、予想外の赤字が積み重なったりしたら、果たしていつまでもつのか……。

――2000年代はじめは“ヒット”といえば10万台クラスを指し、“大ヒット”といえば30万台とか、それ以上でした。それが近年では1万台でも“ヒット”、3万台で“大ヒット”といわれる時代ですから、隔世の感がありますね。

H氏 今は全国のパチンコホールが1万軒を割っているので、1万台ほど売った台は全国の全店舗に導入された場合、1店舗につき1台弱。もし、大手ホールが10台ほど入れたら、その陰で8~9店舗は1台も入れられないという計算になります。

RANKING

11:30更新
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合