NEW

グッチやシャネルの高級ブランド品が飛ぶように売れる本当の理由

文=松下一功/共感ブランディングの提唱者
【この記事のキーワード】, ,
「グッチ公式オンラインショップ」より
グッチ公式オンラインショップ」より

 みなさん、こんにちは。元グラフィックデザイナーの経営コンサルタント、共感ブランディングの提唱者・松下一功です。

 2年前からの新型コロナウイルス感染拡大を受けて、いろいろな業界で価格競争が激化しています。その一方で、高価格にもかかわらず、売り上げを伸ばしている企業もあります。

 たとえば、世界的な高級ブランドのグッチシャネル、サンローランやバレンシアなどは、軒並み好調です。グッチはハイエンド化で、シャネルはさらなる付加価値をプラスして値上げに踏み切り、成功しました。

 また、高級ブランド以外に目をやると、いわゆる眠活市場の注目度が高まり、高級ベッドの売れ行きが上昇。さらに、観葉植物は数十万円クラスのものが売れているといいます。

 景気がいいとは言えない今の時代で、なぜ高価格帯の商品が飛ぶように売れているのか? その理由をご説明しましょう。

高い商品を買う消費者心理とは?

 コロナ禍により、不要不急の外出を控えるようになったり、人との接触を控えるようになったり、私たちの生活スタイルは一変しました。そうした影響を受けて、企業の中には売り上げが減少し、経営状態が悪化したケースもあるでしょう。それは、消費者の「ニーズ」と「ウォンツ」がより明確となり、お金の使いどころを分ける傾向が強くなっているからだと推測できます。

 たとえば、コロナ前であれば、ランチはワンコインで安く済ませる一方で、ディナーは多少高くても好きなものを食べたい、という人が多かったと思います。しかし、外食すること自体が減った状況では、ランチの店もしっかり選びたい、というふうに意識が変わっています。中には、コロナ前とは違って1000円や2000円以上のランチを食べた、という人もいるかもしれません。

 コロナ禍により、飲食店に行くこと自体が非日常になりつつあるため、価格が高めでも自分の欲求を満たしてくれそうな店を選んでしまうのです。つまり、私たちは無意識のうちにお金の使いどころを分けており、その傾向が強くなった結果、今は高価格帯の商品が売れているのです。

 消費者に高価格帯の商品を受け入れる態勢ができ始めてきているといっても過言ではない今、安さを売りにして苦しんでいた業界は、その状況からの脱却を試みるべきです。もちろん、値上げは簡単にはできませんが、長い目で見ると、高価格設定は事業を継続する上での重要なポイントになります。

 価格を高く設定するには覚悟が必要ですが、裏を返すと、高価格は企業の自信や責任の表れとも取れます。つまり、商品やサービスの品質や付加価値を高めて、その魅力を、価格を通じて消費者に伝える必要があるのです。

 では、価格を高く設定するには、どうしたらいいのでしょうか? それは「仕事の純度を高めること」で叶います。いったいどういうことか、僭越ながら、私の実体験でご説明しましょう。

なぜ広告デザイナーから経営コンサルタントに?

 私はもともと、広告業界でデザイナーをしていました。しかし、プランニングワークの方が得意だったため、それを武器に独立して企画制作会社を立ち上げ、さまざまな広告物をつくるようになりました。

RANKING

11:30更新
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合