NEW

「G-MARCH以下だと大企業就職は困難」は本当?見えない学歴フィルターの存在

取材・文=文月/A4studio
【この記事のキーワード】, ,
「G-MARCH以下だと大企業就職は困難」は本当?見えない学歴フィルターの存在の画像1
青山学院大学(「Wikipedia」より)

 近年の就活市場において、「大企業に就職できる学生は、ある偏差値帯の大学群を境に限られてきている」という指摘も出ている。そのひとつの基準がG-MARCH(学習院、明治、青山学院、立教、中央、法政)だ。G-MARCHの偏差値帯は、日東駒専(日大、東洋、駒澤、専修)よりも上、早慶上理(早稲田、慶應、上智、東京理科大)よりも下とされており、このラインが大企業の人事の選考基準、いわゆる学歴フィルターと化しているというのだ。

 たとえば、5月29日付の「現代ビジネス」記事では、一橋大学名誉教授・野口悠紀雄氏がそういった実情を裏付ける論説を語っている。野口氏によると、日本の年間の大卒就職者の合計は約50万人で、そのうち従業員1000人以上の大企業へ就職できるのが年間約7万人なのだが、これはG-MARCHや東大、京大、一橋、東工大、早慶上理、関関同立(関西、関西学院、同志社、立命館)の合計卒業生数である約10万人よりも少ないとのこと。つまり、結果として大企業への就職は上記大学の卒業生だけで占められるというのである。

 このように、G-MARCH以上の学生しか大企業に就職できないという現実は存在するのか。今回は大学ジャーナリストの石渡嶺司氏に話を聞いた。

明確に学歴フィルターはなくとも、結果論として存在?

 まず、G-MARCHが大企業選考の基準になっているというのは事実なのか。

「あからさまな学歴フィルターを公言する企業はありませんが、大企業へ就職する学生の数の多さを見ていると、結果的には存在しているかと思います。

 そう考えられる要因は主に2つありまして、一つは適性検査の存在です。適性検査には性格検査と能力検査がありますが、そのうち能力検査は数学や国語などの能力を測る試験であり、大学のレベルによって点数が大きく変化します。その際に企業側の及第点の点数を獲得できるのが、G-MARCH以上の学生であることが多く、逆にそれ未満の偏差値帯の大学生は低い点数をとる傾向にあるんです。

 2つめは“二度手間フィルター”。近年は就活解禁の時期まで、企業主催のセミナーやインターンシップを自由に行えなくなりつつあり、企業が就活サイト上で先行して新卒採用の準備を行えなくなっています。そのため、企業は学生がリクナビやマイナビなどの就活サイトを通じてエントリーした際に、企業のマイページやSNSに登録するように促す。これを私は二度手間フィルターと呼んでいます。

 多くの学生にとっては面倒でやらないことでしょうが、G-MARCH以上の学生は就活に対する情報感度が高く、とりあえず登録しておく割合が高いです。そうなると、企業主催のセミナーや説明会の情報を入手しやすく、登録していない学生と差が出てしまうのです。この2つの理由で、結果論としてG-MARCH以上の学生が大企業の選考で残りやすいのだと考えられます」(石渡氏)

RANKING

5:30更新
  • スキル・キャリア
  • ビジネス
  • 総合