NEW

パチンコ店の閉店ラッシュが過去最悪のペースに…潰れるホールの危険な兆候とは?

文=山下辰雄/パチンコライター
【この記事のキーワード】, ,
一般的なパチンコ店内の様子(「Wikipedia」より)
一般的なパチンコ店内の様子(「Wikipedia」より)

 2022年上半期におけるパチンコ店閉店数は平成以降で過去最悪に並ぶペースであり、「マイホ(マイホール)は大丈夫か?」と心配している人も多いのではないだろうか。

 そこで今回は、ホールが閉店する際に何か兆候はあるのか、閉店の可能性を考えてどんな対策を取っておくといいのか、についてお伝えしたい。

事前告知ありか、夜逃げ同然か

 そもそも閉店に際しては、事前に告知を行うパターンと夜逃げ同然でお店を閉めるパターンに分かれる。

 前者は「○月○日をもって閉店します。長らくのご愛顧ありがとうございました」といった掲示を店頭に出し、「貯玉・貯メダルの交換や現金精算は○月○日までに行ってください」と明示してあることが多い。また、会員登録の際に「ダイレクトメールを受け取る」にチェックした場合は、ハガキ等で閉店のお知らせが届く場合も。

 それに対して後者は「臨時休業」や「リニューアルに伴う休業」の張り紙を出し、そのまま営業再開することなく閉店してしまうパターン。この場合は、貯玉・貯メダルの精算はできない可能性が高いので注意が必要である。

 事前に告知があったかどうかによらず、閉店までに貯玉・貯メダルの精算ができなかった場合、そのホールが“貯玉補償基金”に入っていたかどうかで補償の有無が異なる。

 一般社団法人貯玉補償基金に加盟していたホールが経営破綻した場合、会員の貯玉・貯メダルは基金を通して補償を受けられるのだ。ただし、現金への交換はできず、カタログ掲載商品や一般雑貨への交換となる。また、補償の上限は一人あたり貯玉25万個、貯メダル5万枚までとなる点にも注意が必要だ。

 ホールが基金に加盟している場合は、加盟店であることを示すポスターやステッカーが店内に貼ってあるはず。一般社団法人貯玉補償基金のホームページで加盟店を検索することもできるので、マイホが加盟しているかどうか知りたい場合は調べてみるといいかもしれない。

閉店前の「危険な兆候」とは?

 ホールが閉店する際に何か兆候があるの? と聞かれれば、「それはそのホール次第だ」という答えになってしまう。閉店を事前に告知して最後まで真心を込めて営業したいと考えるホールもあれば、「閉店を事前に告知したらお客さんは来なくなるはずだから、ギリギリまで伏せておきたい」と考えるホールもあるだろう。

 そこで、筆者の周りにいる業界関係者やパチンコ・パチスロユーザーに「閉店の兆候を感じたことはある?」と聞いてみたところ、次のような答えが返ってきた。

・新台入れ替えのペースが落ちる
・そもそも新台入れ替えを行わなくなる
・新台入れ替えの導入台が最新台ではなく準新台
・グループ内のお店で新台を回しながら入れ替えを行うようになる
・コーヒーレディーがいなくなる
・併設の飲食店や食事処が閉鎖される

 つまり、経営状態の悪化が感じられるようになるということ。これらは単なる経費削減の場合もあるが、一応、頭の片隅に入れておくといいかもしれない。

RANKING

11:30更新
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合