NEW

「元イエスタカス」ダッシングブレイズ重賞制覇に高須院長も「イエス」!? 名前に翻弄された素質馬の飛躍が話題

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0613dasshing_01.jpg※イメージ画像:ダッシングブレイズ 『JBISサーチ』

 11日、東京競馬場で行われたエプソムC(G3・芝1800m)は、浜中俊騎手が5番人気のダッシングブレイズが制して幕を下ろした。

 騎乗した浜中騎手は、昨年もダッシングブレイズとコンビを組み3連勝を飾っていたが、2月の東京新聞杯(G3)で落馬。それ以後、浜中騎手は長期のスランプに入り、かつての輝きが影を潜めていた。

「馬に申し訳ないとずっと心に残っていた。彼と勝てれば、またお互いに頑張れると思っていた」

 浜中騎手は、すでに今月に入ってから9勝を挙げるなど、これまでの不調がウソのような活躍をしている。心残りだったダッシングブレイズからの落馬を、重賞勝利という形で見事に払拭した浜中騎手の今後の活躍にも期待ができそうだ。

 また、このダッシングブレイズの重賞初勝利を喜ぶ人間がもうひとりいた。高須クリニックの院長として知られる高須克弥院長だ。

 11日、あるTwitterユーザーから、ダッシングブレイズがエプソムCを制したこと、そして高須院長も喜んでる旨がツイートされた。その際に高須院長は「馬には罪はない。よかったね(゚∀゚*)イエスタカス号」とつぶやいている。

 実はダッシングブレイズは過去に高須院長が友人と共同馬主として所有していた馬だった。だが、高須院長が馬名を「イエスタカス」で申請を行ったところ、認可されなかったと激怒してTwitterで告白。大きな騒動となった。

「元イエスタカス」ダッシングブレイズ重賞制覇に高須院長も「イエス」!? 名前に翻弄された素質馬の飛躍が話題のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!