NEW
恫喝取材、若手記者イジメの“ゴーマン”体質が露呈?

日経、社長の不倫をスクープ「週刊文春」広告掲載拒否のワケ

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「週刊文春」(文藝春秋/7月19日号)より
 本日(7月11日)発売の「週刊文春」(文藝春秋/7月19日号)が、早くもメディア関係者の間で話題になっている。

 その理由は、グラビアに掲載された『スクープ撮! 日経新聞喜多恒雄社長マンションからご出勤の美人デスク』という記事だ。同記事によれば、5月末の朝、都内某所のマンションから出た喜多社長は、黒塗りの車に乗り、大手町の日経本社へ出勤。その約10分後に、前夜から同じマンションにお泊まりした、同社経済部の"美人"デスクが出てきた写真が掲載されている。

 また、他のページでは、この女性デスクについて、

「5〜6月にかけ、数回にわたり社長宅にお泊まりしている」
「現場記者からの評判が悪いにもかかわらず、いつも実力以上の大抜擢をされている」
「『私はあなたが普段話せないレベルの人と話している』と、周囲に話している」
「東京の病院に入院中、彼女の見舞いにいったら、なぜか大阪赴任中の喜多社長(当時は役員)がいた」

などと報じられ、"ただならぬ関係"であることを疑っている。

「週刊文春」広告掲載を拒否?

 この報道に対し、日経新聞は、日本を代表する経済紙とは思えないような対応に出た。

 毎週「週刊文春」発売日には、日経新聞の5面あたりに、以下のように同日発売の「週刊新潮」と並んで広告が掲載される。

7月5日付け日経新聞朝刊

 しかし、今朝(7月11日付け)の日経新聞は、なんと以下の通り「週刊文春」の広告を掲載せず、自社広告に差し替えているのだ。

7月11日付け日経新聞朝刊
『ザ・シークレット』


社長の秘め事

amazon_associate_logo.jpg