NEW
商社、メーカー、ゼネコンetc.オールジャパン実証実験が開始

太陽光の10倍!?経産省「再生エネ“本命”は洋上風力発電」

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Tninkstock」より
 丸紅、東京大学など11の組織で形成される産学チームが、福島県の沖合20〜40km、水深100〜200mの海域に、総設備容量1万6000kWの浮体式洋上風力発電所を建設することになった。経産省委託の「浮体式洋上ウィンドファーム実証研究事業」として実施されるもの。事業費は約125億円。船のように風力発電機を海に並べる浮体式洋上風力発電所の建設は、世界初となる。

世界で勝つための実証研究

 事業計画では、福島県沖に3基(2000kW×1基、7000kW×2基)の大型風力発電機を2015年度までに建設し、実証運転により浮体式洋上風力発電所の安全性、信頼性、経済性などの評価を行う。

 今回の研究で産学チームが実証に使う、7000kW級の浮体式洋上風力発電機は三菱重工業が現在開発中。浮体技術には、三菱重工業、アイ・エイチ・アイ・マリンユナイテッド、三井造船の3社の造船技術を結集する。変電所は日立製作所、送電用の海底ケーブルは古河電気工業、鋼材は新日本製鐵などの先端技術を活用する。

 実証運転が成功すれば、17年度から20年度にかけて、7000kW級の風力発電機を143基建設、原発1基分に相当する100万1000kWの商用運転に入る計画もあるといわれている。

 水深の浅い沿岸海域が多い欧州の洋上風力発電は、海底に風車を固定する「着底式洋上風力発電」が主流。浮体式は次世代型洋上風力発電と考えられており、欧州では、ノルウェーが09年に建設した実証研究用の1基のみ。複数基を設置する今回の実証研究は、欧米でも注目されている。

 風力発電機はコスト競争が激しい製品。デンマークのヴェスタスが世界最大の風力発電機メーカーに成長したのは、風力発電の100年以上の長い歴史と大規模な国内市場があったからだ。国内市場でコスト競争力を磨いて、世界市場で初めて競争できる製品になる。

 それに対してわが国の風力発電機市場は、小規模で歴史も浅い。そのためか、09年末の世界シェアは1.3%しかない。

次世代型の浮体式風力発電機にかけるしかない

 そんなわが国の風力発電機メーカーが、「世界で勝つためには今から次世代型の浮体式風力発電機に挑戦し、この分野の主導権を取るしかない」(洋上風力発電に詳しい東京大学大学院・石原孟教授)というわけだが、泥縄の感は払拭できない。

 今月から始まった再生エネのFIT(固定価格買取制度)では、数千枚の太陽光パネルを隙間なく並べたメガソーラー(大規模太陽光発電所)に注目が集まっている。だが洋上風力発電なら、風力発電機1基で2メガW(2000kW)以上の発電ができる。

 仮に5メガW級の風力発電機を250基並べた洋上風力発電所を建設すれば、250万kWの設備容量となり、発電効率が40%の場合でも原発1基分の出力規模になる。

『プロの資料作成力』


政府や東電の資料に騙されないために

amazon_associate_logo.jpg