NEW

出世したけりゃヤクザに学べ?“突っ込まれる”自己演出、正しい賄賂の贈り方…

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『ブラック・マネジメント』
(双葉新書/丸山佑介)より
 ヤクザやアウトローたちの処世の鮮やかさは、時に我々を魅了する。同時に、裏社会に直接の縁がない者にとっては、それは一見自身には関係のないフィクションのように映ってしまう。しかし、裏社会で生き抜くためのメソッドは、表社会で生きるビジネスマンにとっても十分に応用可能かもしれない。

 『ブラック・マネジメント』(双葉新書/丸山佑介)は、裏社会のマネジメント術に学び、その手際を“表”ビジネスで有効活用することを目的として上梓された。

 度重なるヤクザ関連の取材や執筆活動と、ビジネス書を扱う出版社での勤務の双方を経験している著者の丸山氏が意図するのは、アウトローの生き様の単なる賛美でもなければ、通り一遍のビジネスマニュアルでもない。

 丸山氏が提案する「ブラック・マネジメント」とは、どのようにして実践できるものなのか?

 資材商社でビジネスマンとして活躍し管理職も務める佐藤氏(仮名)と、企業間の訴訟にも精通した弁護士の野田氏(仮名)が、ビジネスシーンの現状とともに丸山氏にその心構えを聞いた。

■裏社会に学べーー社内政治から枕営業まで!?

佐藤 ブラック・マネジメントというのは、ヤクザやアウトローの人たちが使っている考え方を表社会のビジネスにも応用する、ということでしょうか?

丸山 そうですね。どうですか、悪さしてますか?

佐藤 いえいえ、してないですよ。

丸山 悪さと言ったら大げさですけれど、例えば佐藤さんだって今のポジションに上り詰めるまでに、同期や先輩、元上司などを絶対何人か蹴落としてきているはずですよね。

佐藤 まあ、それはそうかも……。

丸山 その時に佐藤さんは、完全に数字だけで評価されましたか? 課長とか係長に覚えがよかったとか、人によってはさらに上の経営陣に覚えがよかったという要素だってあったはずなんです。例えば、そういう目上の人とどう仲良くすればいいのかといった社内政治などのノウハウを、裏社会のマネジメントに学ぶのがこの本です。

「女性だったら、上司がお尻を触ってきたり、飲むたびに迫ってくるとか、そういうケースをどうかわせばよいのか?」
「営業マンだったら、どうしても取引を成立させたい会社の担当者に、どうやって賄賂を贈ればよいか?」 
「枕営業を仕掛けたい時は、どうしたらよいか?」

 そういったことをまとめています。

野田 具体的には、どのような例がありますか?

丸山 本書では、裏社会の情報収集の重要さについて触れています。けれど、一会社員が情報屋や(ヤクザの)組員を使って情報収集することはできませんよね。ここでは「コーヒー外交」と僕が呼んでいるものについてお話しします。例えば、話を聞きたい人の机に缶コーヒーを差し入れて、「いつもお疲れさまです。これ飲んで、また頑張ってください」というような手紙を添えておけば、相手は悪い気はしないですよね。出費としては120円しかかかっていないし、これなら賄賂だと思われることもまずありません。その人があとから「ありがとうな」などと言いに来るそのタイミングで聞きたいことを話題に出せば、十中八九は話に乗ってくれる。事実確認程度の情報は、缶コーヒーの見返りで得られるわけです。

 ちなみに喫煙所にはグループがあって、そこでも情報交換が行われていますが、タバコを吸わない人間はどうやって入っていけばいいか。ここでも、缶コーヒーを持っていけばいいんですね。あの人たちにとっては、タバコとコーヒーはセットなんです。

■突っ込まれる余地を残す自己演出

丸山 ある博徒系のヤクザは自分がどう見られているかを観察し、見栄が大事なヤクザの世界で、あえて「弟子キャラ」に徹したと言っていました。そうして諸先輩から面倒を見てもらえるようになった。そういう自己演出も大事です。例えば、突っ込まれる余地をあえて1割か2割残すという演出。みんなで集まる飲み会をセッティングする時、女の人は臭いが服に移るのを気にするから、どんなにいいお店でも会場を焼肉屋にすると良く思われない。