NEW
鮫肌文殊と山名宏和、と林賢一の「だから直接聞いてみた」 for ビジネス

TSUTAYAに聞く、レンタルDVDの旧作が準新作になるタイミングと料金の基準は?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TSUTAYAの店舗ごとでもタイミングが違うよね?
(「Thinkstock」より)
人気放送作家の鮫肌文殊氏と山名宏和氏が、知ってトクもしなければ、自慢もできない、だけど気になって眠れない、世にはびこる難問奇問を直撃解決!する連載「だから直接聞いてみた」。月刊誌「サイゾー」で連載されていた同企画(宝島社より単行本となって発売中!)が、ビジネスジャーナルにて復活!

 今週は、林賢一氏が、実はどこにも明記されていない、TSUTAYAの準新作が旧作になるタイミングの謎について直撃した!

[回答者]SHIBUYA TSUTAYA 様

 できるだけ劇場で映画を観るようにしているので、あまりDVDをレンタルすることはない。なので、久しぶりにTSUTAYAのレンタルコーナーに行くと、知ってはいたが改めて驚いた。

 旧作がすべて100円レンタルなのである。これは嬉しい。

 が。嬉しいと同時に怪しくもある。なぜかというと、以前よりも準新作が占める割合が増えているような気がするのだ。

 さらに。

 レンタルの値段を確認してみると、旧作は100円だが、準新作は当日370円と1週間480円の2パターンの選択肢しかないのだ。これは……素人考えでも、こんなトリックを思いつく。

「準新作の期間をメチャクチャ長くしておく」

 例えば『ダークナイト ライジング』を借りようと思ってTSUTAYAに行く。

「去年夏公開だから、まあ、もう旧作で100円だろうなぁ~」と棚の前に立つと、準新作だった。すでに夕方だ。当日レンタルはありえない。仕方なく1週間レンタルで480円がチャリーンと消える。

 思ってたのと違うぅぅぅ~の巻である。

 100円だと思ってたのが、480円になり、ほぼ5倍ぃぃぃ~の刑である。まあ、自分でレジに持って行っているので「刑」ではないが。

 とにかく。

 準新作が旧作になるタイミングが曖昧だ。これは新作が準新作になるタイミングも同様。TSUTAYAのホームページのどこを調べても、どのタイミングで変化するかの明記がない。
 これは気になる。

 そこで【SHIBUYA TSUTAYA】に直接聞いてみた。

『新作→準新作、準新作→旧作になるタイミング、適当すぎませんか?』

担当者 そちらは作品によっても違ってきてしまうので、一概にはお答えしかねてしまうんですが。

──作品によって違うというのは、具体的にどう違うんですが?

担当者 新作でしたら泊数制限などもございます。レンタルでよくご利用いただく作品に関しては、泊数を短くして、たくさんのお客様に借りていただくという形で、短くなっている場合もございますので。

──なるほど。あと、旧作は1週間で100円というのはありがたいんですけど、準新作は当日370円と、1週間480円の設定しかないのはなぜでしょう?

担当者 これは、TSUTAYAの各店舗で設定しているものなので。

──SHIBUYA TSUTAYAの場合を教えて下さい。

担当者 これはお店の方で設定している価格になります、という答えしかできませんね。まぁ、1泊2日の料金設定がないっていう件につきましても、お客様の声が大きければ検討の余地があるかと思うんですけど、現状としてはこの価格でやらせてもらっています。

──実質、当日返却って難しいじゃないですか。

担当者 まあ、それもお客さんによって違いますので。実際に使われるお客様もいらっしゃいますし。