NEW

オリンパス、報復人事めぐり社員に敗訴後も不当行為加速で、現役社員からの訴訟続出

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現役社員のままオリンパスを訴えた石川善久さん
 オリンパスがまた、現役社員から訴えられた。

 提訴したのは、1984年の入社から設計一筋で、MOや内視鏡など「デジカメ以外は全部」手がけてきた石川善久さん(50)。

 開発4部にいた石川さんは昨秋、同社の早期退職制度の説明面談で、当時上司だった部長から5回にわたり執拗な退職勧奨を受け、退職を断ったところ、今年1月にキャリアを無視した部署に異動させられたとして、オリンパス株式会社と小暮俊雄コーポレートサービス本部長を東京地裁に提訴した。訴状は7月29日付。

 同社は昨年6月にも、公益通報(編註:会社の違法行為を内部告発すること)した別の社員(濱田正晴さん)に対する異動の違法性が争われた裁判で敗訴が確定。石川さんは現在、その濱田さんの部下だ。濱田さんも昨年秋、再び違法配置転換を受けたとして、やはり会社と小暮本部長を相手に別の訴えを起こしている。

●早期退職制度の説明を受けることが会社を敵に回すこと!?

 同社は昨年6月、損失隠しとコンプライアンス問題に端を発した信用失墜から立ち直るため、会社再建のための中期ビジョンを発表。その一環として、昨年9月3日付けで100名程度の早期退職者を募集した。

 「40歳以上の全社員に対して、部長が面談して説明するんです」と石川さんは言う。だが、石川さんの周りで退職勧奨を受けた者はおらず「こういう制度があるが、君は応募しないよね」という程度だったという。

 ところが、石川さんがこの制度の説明を初めて受けた昨年9月5日、いきなり部長から「あなたには仕事がない」と言われた。理由は答えてくれなかった。

 その部長は、9月19日の3回目の面談で「近い将来異動してもらう」(訴状)、26日の4回目には「このまま会社に残ったら、会社にどういう風に見られるだろうか」(同)など、石川さんが会社から敵視される可能性をにおわせた。

 10月1日の5回目の面談では、部長が「(石川さんが)1回会社を敵に回した」(同)と発言、「このあと本当に石川さんが仕事をできるかというと、私は保証できない」(同)と述べ、報復があることもほのめかした。

 一方で部長は、石川さんの業績を認める発言もしている。

 5回目の面談の時に、石川さんが「周りから『石川さんがいないと製品化できなかった』などと言ってもらっている」と話すと、部長は「設計者としての評価は高いというのはあるだろうけど」と述べたという。

●突然の異動内示 開発チームはパニック

 退職勧奨を受けていた当時、石川さんは生物用顕微鏡の開発チームで、オリンパスのフラッグシップとなる顕微鏡の設計を行っていた。発売まで10カ月に迫っていたこともあり、「めちゃくちゃ忙しかった」と石川さんは言う。

 ところが石川さんの話では、リーダーを含めて5人だった開発チームから、早期退職に応募したひとりが、予定通り11月30日に退職。引き継ぎも含めて大変な状況にあった12月3日、今度は石川さんに異動の内示が出た。

 「残された人はパニックですよ。どう考えても、そんなタイミングで異動させるなんておかしい」(石川)

 異動先は品質環境推進部の品質環境教育グループ品質教育チーム。冒頭で触れた濱田さんが12月1日付で異動になったばかりの部署だ。

 濱田さんは07年、上司の行為を公益通報したことで報復人事を受けた社員。濱田さんが異動の違法性を訴えた裁判は昨年6月、最高裁が会社側の上告を棄却したことで、濱田さんの勝訴が確定した。

 報復を受ける前の濱田さんは、部下6人を率いるチームリーダー。勝訴したことで権利回復されると思われたが、10月1日の異動で、チームリーダーでなくチームスタッフ(平社員)とされた。石川さんが5回目の面談を受けていた日だ。

 濱田さんが弁護士を通してこれに抗議すると、オリンパスは12月1日付で品質環境教育グループを新設するとし、濱田さんを同グループの品質教育チームのリーダーとする内示を出した。

 ところが、実際は部下のいない「名ばかりチームリーダー」であることが判明、グループ自体も、濱田さんを島流しにするためにつくられたらしく、仕事のない部署だった。

 濱田さんは異動直前の11月29日、この異動は報復であり無効だとして再び提訴。これに対して会社は、濱田さんを形式上チームリーダーに戻すため、1月1日付で社員2人を濱田さんの部下に据えることにした。このうちのひとりが、石川さんだった。

●裁判対策の生け贄に捧げられた

 このことから石川さんは、自分は「濱田さんとの裁判対策の生け贄に捧げられた」とし、次のように話す。

 「(信頼回復のために)表向きはコンプライアンスを謳っているのに、内部でこんなことをするのをやめさせたい。泣き寝入りしている人も多いんですよ。報復的な人事を受けていると思われる人が目に付きます」

 だから、と石川さんは言う。

 「部長ではなく、根本の部分が変わらないとダメ。それが、総務、人事、法務の責任者として、すべて取り仕切っていた小暮俊雄被告(現コーポレートサービス本部長)です」

 提訴後の記者会見で石川さんは、次のような声明文を読み上げた。

 「これは私ひとりの問題ではありません。このような理不尽なことを仕事仲間に対して今後一切行わないでほしい。愛社精神があるからこそ、あえて現役社員のまま実名で正々堂々と声を上げる決意をしました」

 初回弁論は、9月12日(木)10時30分から東京地裁823号法廷で行われる。

※より詳しい内容は「MyNewsJapan」または「回答する記者団」でご覧いただけます。

(文=回答する記者団 佐藤裕一)