NEW
闘うジャーナリスト・佐々木奎一がゆく! ワーキングクラスの被抑圧者たち 第11回

有名専門スクール、パワハラ&強制退職の実態「つなぎ着て掃除しろ」他社へのスパイ行為も

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Thinkstock」より
 ニュースサイト「My News Japan」を中心に、企業のパワハラ問題や労働争議を追いかけ取材を続けるジャーナリストの佐々木奎一が、独自のルートで取材したあの企業や業界の問題点に迫ります。  

 ゲーム、アニメ、声優などの専門スクール「バンタンゲームアカデミー」や、パティシエ(製菓)、ブランジェ(製パン)などの専門スクール「レコールバンタン」、ネイル、エステ、ファッション業界志望者向けの専門スクール「ヴィーナスネイルアカデミー」などを経営する株式会社バンタンの社員が、退職強要で会社を辞めさせられた、と東京地裁に訴えている。

 訴状や証拠書類などによると原告の細野義夫氏(20代後半、仮名)は、リクルート・エージェントの求人に応募し、2012年7月2日にバンタンの正社員として入社した。所属は事業部LVグループ東京という部署。業務内容は、スクール営業に関する業務全般、事務業務全般、と契約書には書いてあった。
 
 だが、実際の仕事内容は、社長やマネージャーの指示で、バンタンと競合する他の学校を情報収集することだった。具体的には、志望者を装い、競合校の資料を取り寄せ、競合校を訪問したり体験入学をして、実態や特徴を調査し自社へ報告した。

 入社から約50日の間に訪問した学校は、東京観光専門学校、服部栄養専門学校、日本菓子専門学校など実に19校に上った。

 こうして酷暑の中“スパイ活動”を続けるうちに、細野氏は体調不良に陥っていった。「身分を偽って、志望者を装い、競合校でウソを言い続けることに罪悪感を持った。もし競合校の職員であることが発覚したらどうしよう、という不安から、常に緊張感を強いられ、大きな精神的負担となった」と細野氏は訴えている。徐々に手が震える、まぶたがけいれんするといった症状に見舞われ、病院に行った結果、熱中症、胃潰瘍の疑いあり、と診断された。

 細野氏は社長に配転を申し出た結果、8月下旬から、土日休みで比較的生活リズムがつくりやすい営業企画グループに配属されることになった。同グループは、芸能プロダクション「ワタナベエンターテインメント」(ナベプロ)の広告代理店業務をする部署だ。

●「他のスタッフに挨拶とかするなよ」

 だが、新部署に入った途端、細野氏はパワハラを受けた。配転初日、一つだけ空席だった机に細野氏が座ると、直属上司の安住太郎(仮名)チーフは開口一番、「これからは目の前が細野さんか。景色が悪いな」との言葉を投げかけた。その後安住チーフは、約2週間の間に次のような言葉を浴びせたという。

「お前が今考えていることくらいは、俺は小2で気付いていたよ」
「兵隊としか思っていないから、言われたことだけをやれ。それ以外のことは一切するな」
「言動、行動、姿勢、全て認めていないから、お前に給料を払うなら、他のスタッフにボーナスを払った方がまし」
「新人に、ここの仕事はこの程度でよいのかって思われたら悪影響だから、一人だけ3階に行くか?」
「他のスタッフと関わるんじゃない。挨拶とかするなよ」
「任せられる仕事がない。与える仕事がない」

 10月頃からは、もう一人の上司である落合豊(仮名)部長からもパワハラを受けるようになった。例えば細野氏の部署では、昼休みは全員が一斉に12時からとるわけではなく、各自が仕事の切りのいいところでとっていた。しかし、ある日の午後、細野氏が、午後2時頃まで昼休みをとらず仕事をしていたところ、落合部長は「今お昼どうぞ」と言った。

 細野氏は、もう少し作業を済ませてから行こうと思っていたので「今、お昼に行ったほうがいいですか?」と聞き返した。すると、落合部長はいきなり、こう怒鳴ったという。「私にそんな軽口をたたくな!」それ以降、細野氏に対してだけは「12時になったらとるように」とか「12時か13時で選択するように」と、時間を指定するようになった。

 会社側は、さらに追い打ちをかけてきた。10月22日の13時45分ごろ、安住チーフは、いきなり細野氏へ給与の10%減額を言い渡したのだ。

 同日17時40分頃には、落合部長と面談してこう言われた。

「現在の部署に細野は要らない」
「他の部署でも細野を必要としていない」
「会社に居場所はない。それでもバンタンにいたいのか?」
「人事権は会社にあるから、職場はどこでもいいんだね?」
「じゃあ、掃除でもゴミ拾いでもなんでもやるね?」
「リアルな話さ、アルバイトで、そこそこかわいいキレイな姉ちゃん時給1200円で雇った方がよっぽど良いでしょ」

 さらに、「ねえ、こんなにオレ、言ったことないよ。言っとくけど、たいがいみんな、嫌で辞めていくけど。嫌なんでしょ?」と、これまでも同様の手口で社員を辞めさせていたことをほのめかし、「どんな仕事でもいいなら、席はつくらないで、荷物置き場だけはつくって、掃除やゴミ拾いをしてもらう」と言った。

 この話を聞いた細野氏は、事務職として就職したにもかかわらず、掃除をさせられることに恐怖を覚えた、とつづっている。

●「つなぎを着てトイレ掃除しろ」

 翌23日午前9時45分ごろ、細野氏はまたもや落合部長に呼ばれ、こんな会話を交わした。

 落合部長「昨日話した通り、今後の業務は、掃除やゴミ拾いで本当によいのか?」
 細野氏「異動については、会社にいる以上、拒否はできないですよね」
 落合部長「それでも辞めないんだ。これ以上、会社にいてもいいことないよ」
 細野氏「辞めません」
 落合部長「雑草抜きとか、ゴミ拾いとか、トイレ掃除とかやってもらうことになる。8時に出社し(これまでは9時出勤)、スーツではなく、おばちゃんの掃除用のつなぎを着て、掃除をしてもらうことになるけど、それでいいんだね? それが嫌だったら、まあ、退職日を決めてくれれば、それまでの間、僕の横で雑用してもらってもいいんだけど。トイレ掃除とかよりは、いいでしょ。退職日、決めようよ、いつならいい?」