NEW

1千億以上…任天堂を悩ます、創業者・山内氏の巨額遺産問題~一部株式を親族から買い取り

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

任天堂本社(「Wikipedia」より/Moja)
 2013年9月19日、85歳で死去した任天堂の山内溥・前社長の保有株式が4人の遺族によって相続された。任天堂が12月25日、近畿財務局に提出した変更報告書で判明した。溥氏は任天堂株の1416万5000株、発行済み株式の10.00%を保有する筆頭株主だったが、それを市場外取引で溥氏の家族4人が相続した。

※以下、相続人・所有株式数・所有株式数の割合
長男・山内克仁・429万1200株・3.03%
二男・山内万丈・429万1200株・3.03%
長女・荒川陽子・279万1300株・1.97%
二女・田中富二子・279万1300株・1.97%

 溥氏の長男・克仁氏は任天堂の企画部長。長女の荒川陽子氏の夫は元米国任天堂社長の荒川實氏だ。克仁氏は将来、任天堂の社長になるという見方もあるが、「今すぐ、後継者というのは無理がある」(任天堂関係者)という。

 任天堂の大株主の順位(13年9月30日時点)は次のようになっていた。

・1位:山内溥氏
・2位:米JP モルガン チェースバンク(所有株式比率8.98%)
・3位:米ステート ストリート バンク&トラスト カンパニー(同6.87%)
・4位:京都銀行(同4.50%)
・5位:野村信託銀行(退職給付信託三菱東京UFJ銀行口/同3.36%)
※自己株口は同9.74%。

 今回の相続により、山内克仁氏と山内万丈氏は実質6位の株主となる。任天堂を世界的なゲームメーカーに育てた溥氏は莫大な遺産を遺した。上場株式の評価は死亡した日からさかのぼって2~3カ月間の平均株価をもとに算出される。亡くなった日の株価(1万1090円)で計算すると、遺産は株式だけで1570億円。07年11月に任天堂の株価は7万3200円の史上最高値をつけている。この時点での資産は1兆円を超えていた。

●旧松下、ブリヂストンでも巨額相続発生

 したがって相続税も巨額になる。日本で過去最高の遺産総額といわれているのは、松下電器産業(現パナソニック)創業者の松下幸之助氏。1989年4月に94歳で死去した際の遺産総額は2450億円で、それまでの高額遺産の記録を更新した。遺産の97%以上が松下グループの株式だった。遺産相続者は妻、娘、娘婿ら7人。子供のうち4人は幸之助氏が認知していた婚外子だったことが話題になった。相続税額は配偶者控除があり854億円だったが、松下家は相続税の支払いのため、松下グループに持ち株の930億円分を売却して全額納付した。

 史上最高の相続税額を記録したのはブリヂストン創業家の2代目、石橋幹一郎氏の遺産相続のケースだ。97年6月に77歳で死去し、遺産総額は史上2位の1646億円。相続税の納税額は配偶者控除がなく1035億円。長男・長女・次女の3人がブリヂストン株式を売却し、納税した。ちなみに幹一郎氏の妹は、鳩山由紀夫元首相の母親の鳩山安子氏である。

 溥氏の遺産総額は、松下氏や石橋氏に肩を並べる額となった。配偶者控除がないため、相続税は莫大なものになるとみられている。親族は、相続税を納付するため、相続した任天堂の株式を売却することになる。市場で売却すれば株価に悪影響を及ぼすことから、任天堂がなんらかの対策を取ることになるとみられている。

 岩田聡社長は1月17日記者会見で、溥氏の親族4人が株を売却する場合、自社株買いに応じる考えを明らかにした。松下氏の時と同じように、任天堂が株式の受け皿になる。