NEW

セコム、「もう一人の」創業者・生前インタビューから透ける、「共同起業」成功の秘密

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セコム本社(「Wikipedia」より/Rs1421)
 1月30日に警備サービス業界国内トップ、セコムの創業者が81歳にて永眠した。すでに、葬儀は近親者のみで済まされ、昨日(4月8日)、「お別れの会」が帝国ホテル東京(千代田区)で行われた。セコムの創業者といえば「飯田亮氏では」と思う人は多いだろう。同社と関係のある人には今さら説明するまでもないが、実は、戸田壽一氏というもう一人の創業者がいた。

 企業のスタートアップ期から成長期にかけて、ペアでトップを務める場合が少なくない。ただ、その関係性は企業によりさまざまである。どのようなかたちがベストであるかは言い難い。トップの資質、性格、業態、取り巻く環境などにより変わるからだ。

 ソニーのように、井深大氏と盛田昭夫氏という二人の顔が明確に表に出ていた事例があれば、実質上は二人三脚経営であったにも関わらず本田宗一郎氏が前面に出、副社長の藤沢武夫氏が名参謀として女房役に徹した本田技研工業(ホンダ)のケースもある。セコムは、飯田氏が会社の顔となるだけでなく、権限も全面的に掌握した。設立当初は、会社を成長軌道に乗せるためあえて担当を分担せず、戸田氏は飯田氏とともに奔走した。近年は飯田氏と同じく、取締役最高顧問という肩書だったが、飯田氏が社長に就任し今日に至るまで、事実上のトップは飯田氏であり、戸田氏は専務、副会長として黒子に徹し、表に出てこようとはしなかった。だから、セコムの社内外の関係者以外は、戸田氏の名前さえ知らない人が少なくないのだ。

 拙著『セコム その経営の真髄』(ダイヤモンド社)が上梓された時、数多くの著名経営者にインタビューしてきたジャーナリストから筆者は、「飯田さん以下、社長をはじめとする役員たち、現場の人など多くの人に取材しているけれど、よく戸田さんにまでインタビューできたね」と言われた。決して、戸田氏は取材を拒否しているスタンスではなかったが、セコムのことを語るとなれば、飯田氏か現役社長が出てくるのが当たり前になっていた。メディア側もそれで事が足りるし、飯田氏のコメントが魅力的なものだから、「飯田さんに話を聞かせてください」と指名する場合が多かったため、戸田氏に出番が回ってこなかった節がある。しかし、後述のとおり、戸田氏に話を聞いてみると、黒子であろうと自らを律していたことがわかる。

 ここで、あらためて、セコム創業の経緯を紹介しておこう。

 飯田氏と戸田氏が、卒業後、知人から「欧州には警備を業務とする会社がある」という話を聞き、1962(昭和37)年に日本初となる警備保障会社を起こしたのだった。セコム初のビジネスデザインである。このデザイナーは飯田氏、戸田氏という「二人の創業者」である。

 創業時に飯田氏と戸田氏がデザインしたビジネスシステムを急速に普及させた段階、つまりベンチャーにおける急成長期においては、飯田氏が卓越した行動力と表現力を営業で発揮したと考えられる。

●ホスピタリティを感じさせる経営者

 では、顔を表に見せなかった戸田氏とは、どんな人物なのだろうか。2012年にインタビューした時に筆者が持った印象は次のとおりだ。