NEW

西武HD再上場、なぜサーベラス誤算?公開価格引き下げで狂う出口戦略と、注目の次の一手

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

西武HD傘下のプリンスホテルが運営する「ザ・プリンス・パークタワー東京」(「Wikipedia」より)
 米サーベラスにとって大誤算なのか、それとも想定の範囲内なのか。市場関係者は注目している。

 西武鉄道やプリンスホテルを傘下に持つ西武ホールディングス(HD)が4月23日、東京証券取引所に再上場する。この際に筆頭株主の米投資ファンド、サーベラス・グループは西武HDの保有株式を放出する予定だったが、これを中止した。サーベラスは当面、西武HD株式の35.45%を保有し続けることになる。

 西武HDが金融庁に提出した訂正臨時報告書によると、上場時の売り出し価格(公開価格)の前提となる仮条件は1株当たり(以下同)1600円から1800円に設定された。当初の想定価格は2300円だったから、2~3割引き下げたことになる。証券会社などが意見を聞いたところ、「JRや他の私鉄大手に比べて価格が高すぎる」と国内外の機関投資家は冷ややかだったという。正式な売り出し価格は4月14日に下限の1600円で決まった。

 西武HDが目論見書に記載した想定価格は2300円。想定価格ベースでの時価総額は7868億円と私鉄トップだったが、証券界からは「それほどの価値があるとは思えない。割高なのではないか」との声が数多く聞かれた。

 改定後の仮条件は1600円に下がり、これに基づくと時価総額は5474億円程度となる。東京急行電鉄(時価総額7700億円)、阪急阪神HD(同6900億円)、小田急電鉄(同6400億円)を下回り、京王電鉄や京浜急行電鉄とほぼ同じ水準に落ち着くとものとみられている。

 当初は、発行済み株式総数(3億4212万株)の23.6%の8085万株が市場に放出される予定だったが、サーベラスの方針転換により、売りに出されるのは日本政策投資銀行(保有比率4.4%)と農林中央金庫(同3.9%)の保有株の一部と、UBS証券、米金融大手シティグループの全保有株で合計2782万株(全体の8.13%)となる。サーベラスの持ち株比率は上場後も変わらない。

●サーベラス、なぜ売り出し中止?

 サーベラスが売り出しを中止した理由は、売り出し価格に納得がいかなかったからだ。仮条件がサーベラス側の想定価格を下回り、手にする売却益が目減りする。仮条件の1600~1800円では、売りたくても売れないのだ。発行済み株式の35.45%を握るサーベラスは当初、15.5%分の5302万株を売り出すことにしていた。想定価格は1株当たり2300円で、想定価格で売却すればサーベラスは1219億円を手にする計算だった。

 サーベラスは出資分を含め累計1200億円を西武HDに投じており、当初の想定価格である2300円で西武HDが再上場を果たせば、投資分は全額回収できる算段だった。残る19.95%分の株式も売却すれば、さらに1500億円相当の儲けが出る見通しだった。

 だが、仮条件の下限である1600円で5302万株売り出せば、手元に入るのは850億円弱となってしまい、投資分を回収できない。