NEW
闘うジャーナリスト・佐々木奎一がゆく! ワーキングクラスの被抑圧者たち 第17回

芸能プロ社長、タレント脅迫裁判で慰謝料命令 「君は人生破滅。あらゆる手段使う」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

山本早織 公式ブログ」より
 ニュースサイト「マイニュースジャパン」を中心に、企業のパワハラ問題や労働争議を追いかけ、常に弱者の立場に立った取材を続けるジャーナリストの佐々木奎一。独自のルートで取材した、企業裁判の渦中にある人々の声を世間に届ける!

 6月2日当サイト記事『芸能プロ社長、所属タレントの交際に激高し5000万円要求 執拗な威圧で裁判に』にて報じた通り、東京・渋谷の芸能プロダクション、バックアップ・プロモーション社長の八木康夫氏は、同社に所属していたグラビアタレント・山本早織に対し、交際中の男性と別れるか、違約金5000万円を支払うか、どちらかを選択するように迫った。

 懊悩した結果、山本は「タレント契約を解消する」と伝えたところ、八木氏の態度が一変し、「君が必要だ」「山本早織を失うのは耐えられない」「別れられる男はいない」などの文面のメールを送り、恋愛感情を爆発させて引きとめようとした。

 八木氏がそれらのメールを送信した翌日である2011年12月13日、二人は今後について話し合った。この時の会話の音源が、証拠として法廷に提出されている。

 その中で八木氏は、

「一生償わなきゃいけないくらいの罪を犯しているんだよ、君は」
「この間、和泉(同社所属タレントの和泉ゆか)と話した時に、『八木さん、山本に対して恋愛感情ありますよね』って言われた。当然あるよ」
「付き合うっていう言い方おかしいかもしれないけど、なんかしらの関係を持っていくことがまったく嫌でなければ、ある程度の冷静な話し合いができると思う」
「松金(以前、同社に所属していたタレント・松金ようこ)だって、最初、殺してやろうと思ったけど、月2回とか3回とか、わからないけど、顔合わせたりとか飲み食いに行く関係が続けば、気持ちも和らいでくる」

などと、脅すような言葉を使いつつ、契約解消を思いとどまるよう持ちかけた。それを山本が拒絶すると、

「辞めたくても絶対辞められないから」
「ストーカーと思われるか、私は彼女じゃないよと思われるかわからない。気持ち悪いと思われても不思議じゃない。それは重々わかってメールを送っている。でも自分の気持ちにはウソはつけない」

と、契約を継続させたいとの意思を示した。

●度重なる脅迫により、不安障害を発症

 この会話の1週間後、二人は再び話し合った。山本が、弁護士に違約金は発生しないことを確認したと伝えると、八木氏は激高し、脅迫とも取れる言葉を浴びせた。