NEW

大阪桐蔭高、5億円裏金発覚 尋常ではない金満体質で訴訟&不祥事連発 やらせ受験も

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪桐蔭中学校・高等学校(「Wikipedia」より/Kansai explorer)
 現在開催されている第87回選抜高校野球大会で、史上5校目の「夏春連覇」を狙いながらも準決勝で敗退した大阪桐蔭高校が「裏金」問題で揺れている。

 大阪桐蔭は中高一貫の私学で、学校法人・大阪産業大学の傘下にある。その大阪産業大学から調査を委託された第三者委員会(委員長・畠田健治弁護士)が3月25日、保護者から集めた教材費や模試受験料の一部を裏金として約5億円プールし、約1億2000万円が不正使用されていたと発表したのだ。

 この裏金づくりと不正使用の中心にいたとされるのが、前校長の森山信一氏だ。関係者によると、裏金の使途はデパートの外商から購入していたエルメスなどの高級バッグやスカーフ、ゴルフ代、飲食代などで、中には100万円もするような高級ブランド品もあった。さらに、裏金から森山氏の口座に毎月50万円、その娘の口座に毎月30万円が振り込まれていたという。

 同校の内実に詳しい学校法人の元役員がこう説明する。

「優秀な学生を大阪桐蔭中高に誘導してもらうために、主に学習塾経営者の接待に用いていたようです。森山先生は金にまつわる噂の絶えない人でもあったが、こんなに金まみれだとは思いませんでした」

 さらに、こうも指摘する。

「学校出入りの建設業者などからバックマージンをもらっている噂も絶えず、自宅もその出入り業者が建設したようです。寮運営などで野球部へ出入りする業者も『打ち出の小槌』のようにうまく使っていました。野球部の西谷浩一監督は、教員でありながら森山先生の運転手のような存在でもありました」

●やらせ受験も発覚


 森山氏は1988年から25年間、大阪桐蔭中高の校長を務め、同校を文武両道の私学に育てた実力者でもある。高校野球の強豪校であり、阪神タイガースの藤浪晋太郎選手や北海道日本ハムファイターズの中田翔選手らの母校としても知られると同時に進学校でもあり、関西の有名私立大学「関関同立(関西大、関西学院大、同志社大、立命館大)」や国公立大に多数の合格者を出している。

 森山氏は2013年に発覚した「やらせ受験」の責任を取って教育相談役に退いていたが、隠然たる権力を持っていた。この「やらせ受験」も悪質で、入学意思のない大阪桐蔭高校の成績優秀な生徒に謝礼を払って大阪産業大を受験させ、偏差値を水増しするもの。大阪産業大では入試での成績上位者10%を授業料免除にするが、その10%を入学意思のない者が占めることによって、学費免除制度を骨抜きにするための姑息なやり口だった。