NEW

米企業にやられっぱなしの生保業界、ようやく反撃開始?第一生命が“2つ目”の悲願達成へ

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第一生命保険本社(「Wikipedia」より/Kakidai)
「2020年をめどに、世界5位以内を目指す」

 第一生命保険の渡邉光一郎社長は、こう宣言した。保険料等収入で日本生命保険を上回った第一生命の次の目標は、世界市場でのトップ5入りだ。

 今年、生命保険会社の順位に異変が生じた。2015年3月期連結決算の売上高に相当する保険料等収入で、第一生命が戦後初めて日本生命を上回ったのだ。

【生命保険会社の保険料等収入ランキング】(15年3月期連結決算。以下は会社名 保険料等収入/単位:億円)

かんぽ生命保険 5兆9567
第一生命保険 5兆4327
日本生命保険 5兆3371

 第一生命の保険料等収入は5兆4327億円で、日本生命に956億円の差をつけた。今秋、株式上場を予定している日本郵政傘下のかんぽ生命に迫る勢いだ。

 第一生命の保険料等収入は、前期の4兆3532億円から25%増の大幅増収となった。子会社の第一フロンティア生命が販売する、外貨建ての貯蓄性商品が前期比50%増と大きく売り上げを伸ばしたことが寄与した。

 日本生命も一時支払い終身保険などの販売が好調で、保険料等収入は前期比11%増えたが、第一生命に及ばなかった。

 第一生命が日本生命を逆転した要因は、銀行窓口販売の保険料収入の差が大きい。第一生命は窓販部門を第一フロンティアが担当しており、他社に先駆けて利回りの良い外貨建て商品を開発したことが奏功した。第一フロンティアの15年3月期の保険料等収入は1兆8997億円で、第一生命全体の35%を占めている。

 保険の銀行窓販とは、生命保険会社や損害保険会社の委託を受けて、銀行や信用金庫などが窓口で保険商品を販売することだ。銀行や信金にとっては手数料収入が魅力で、主力業務のひとつになっている。

 規制緩和により、07年には保険料を一括払いする終身保険や医療保険、自動車保険などの銀行窓販が全面解禁された。日本生命は、銀行窓販の保険料等収入で第一生命に約1.4兆円引き離されたため、逆転を許す結果になった。

米プロテクティブの巨額買収で、外資系生保に一矢を報いる


 10年4月、第一生命は大手生保として初めて相互会社から株式会社に転換し、株式を上場した。

 第一生命には、2つの悲願がある。ひとつは、民間生保国内最大手の日本生命に追いつき追い越すことで、2つ目は攻められっぱなしの米国生保の本拠地である米国市場に上陸することだ。