NEW

スタバ、成功の秘密は「セブンの真似」だった!「想定通り」の千店舗達成

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「スターバックス コーヒー ジャパン HP」より
スターバックスは好きだけど、お店が増えすぎると特別感がなくなってしまう」

 このような声を時々耳にします。日本のスターバックスは、2013年に1000店舗を超えました。確かに、今や主だった商業施設や都市のメインストリートはおろか、駅前、駅ナカ、高速道路のサービスエリア、空港、地下街、ドライブスルー、大学、病院と、およそあらゆる場所に進出し、「どこに行ってもスターバックスがある」という感じです。

 20年前の日本のスターバックス創業当時、関係者はこんな時代が来ることを予想していたでしょうか?

 驚かれるかもしれませんが、実はすべて想定通りだったのです。

 スターバックスにとって日本は初の海外進出国で、右も左もわからない状態でした。そこでパートナー企業としてサザビー(現サザビーリーグ)を選びました。サザビーは、ファッションブランドのアニエス・ベーや生活雑貨店とティールームの複合業態ブランドのアフタヌーンティーなどを展開し、日本人の嗜好性を熟知していましたが、コーヒービジネスについては素人同然でした。

 それにもかかわらず、スターバックスとサザビーは、「いつか1000店舗を出そう」という夢物語を共有し、スタートしたのです。それは、とてもワクワクする目標でした。

『日本スターバックス物語--はじめて明かされる個性派集団の挑戦 』


日米のカリスマ経営者たちが組んだ最強タッグの知られざる舞台裏を、日本でのスターバックス立ち上げプロジェクトを担った著者が綴る

amazon_associate_logo.jpg