NEW
岡田正彦「歪められた現代医療のエビデンス:正しい健康法はこれだ!」

乳がん検診は無意味?命を危険に晒す?「有効」との調査結果に捏造の疑いも

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

厚生労働省 HP」より
 英国の医師会雑誌に、興味深い記事が掲載されました。長年にわたり第一線で乳がん検診に取り組んできた女性医師モーリーン・ロバーツ氏の寄稿で、「人生の終わりを迎え、私は横たわったままこの文章を書いている。生涯を乳がん検診に捧げてきたが、その効果に大いなる疑問を感じるようになった。こんな記事を書くことになり、長年、いっしょに仕事をしてきた仲間にまずお詫びを」というものでした。彼女は原稿の掲載を待つことなく、乳がんで天に召されてしまいました。

 実はこれは、20年以上前の出来事です。

 時は流れつい最近、乳がんを専門とする女性外科医が書いた文章が「OnSurg」という外科医向けサイトで紹介されました。「生前のモーリーンを知っているが、本当に優しいレディーだった。だからと言って事実をまげるわけにはいかない。現代では、乳がん検診の有効性は万人が認めるところとなっている。彼女が亡くなったあとに行われた多くの調査で、そのことが示されている」というのです。

 もうひとつ、英大手紙ガーディアンが報じた話題から。英国のがん専門医マイク・リチャード氏は、女王陛下からナイトの称号も授与された有名人です。その人が最近、乳がん検診を厳しく批判した手紙を受け取ったことをメディアに明かしました。「政府機関は乳がん検診について真実を語っていない。都合のよい話ばかりで、リスクについての説明がない。信用ができなくなったので、自分はもう乳がん検診を請け負うのをやめる」という内容で、差出人は英国の名門キングス・カレッジの産婦人科教授(女性)でした。

 手紙を受けたリチャード氏は、がん検診を推進する側のリーダーですが、「真摯に受け止め、第三者委員会に判断を委ねる」と、近頃よく聞く言葉で返事を書いたそうです。

 乳がん検診をめぐっては、このように昔から今にいたるまで意見の対立があります。

追跡調査の内容に疑義


 さて、乳がん検診(マンモグラフィー)については、大勢のボランティアを平等に2つのグループに分け、一方に定期的に検査を受けてもらい(検診群)、他方(対照群)には何もしない約束を取りつけて、何年かあとに比べてみるという、科学的な調査がたくさん行われています。乳がん検診に限りませんが、このような方法で得られたデータは、極上の「科学的根拠(エビデンス)」とされ、世界中の医師のバイブルとなっています。