NEW
蒲谷茂「自分のからだは自分で守る」

危険な虫歯や口内感染症が、心筋梗塞や脳卒中など万病の原因?歯周病がアルツハイマー病を起こす?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Thinkstock」より
「芸能人は“歯が命”」というコマーシャル。流行語にもなったので、ご記憶の方は多いだろう。白いきれいな歯を持っているのは、芸能人にとって大事な条件である。確かに、テレビに出てくる芸能人の多くはきれいな歯を見せて話すし、笑う。なかには口元を隠す人もいるが、多くは少しご高齢の方たちである。歯を出して笑ってはいけないといわれて育った人たちだ。

 歯を見せたくないもうひとつの理由は、おそらく入れ歯だからだろう。入れ歯と知られたくないという人がまだまだいる。なかには入れ歯が合っていないと思われるが、語尾がはっきりしないご高齢のタレントもいる。

 それにしても、「歯が命」というのは少しオーバーなのでは、と思われた方もいるはず。しかし、口の中の病気、特に歯周病とさまざまな病気が密接に関係する論文が次々と発表され、「歯が命」は単なるコマーシャルのコピーではなくなってきている。

 たとえば、歯周病とアルツハイマー病の関係である。世界各国からアルツハイマー病に関する研究成果などを収集し、信頼できるものを発表している「ジャーナル・オブ・アルツハイマーズ・ディジーズ」という論文誌がある。昨年、アルツハイマー病で亡くなった人の脳から歯周病菌が見つかったという論文が発表された。被験者数は20人。アルツハイマー病で亡くなった10人のうち4人の方の脳から歯周病菌が見つかった。一方、アルツハイマー病以外の病気で亡くなった10人の脳からは歯周病菌は見つからなかった。

 論文の発表者は、アルツハイマー病以外の病気で亡くなった人の脳から歯周病菌が見つからなかったことから、「歯周病菌とアルツハイマー病の発生には無視できない関係がある」としている。

 歯周病といえば、歯と歯茎の間で起こる病気である。その原因となる歯周病菌がどうして脳にまで入り込むのか。口の中の細菌と虫歯や歯周病の関係を研究し、日本ではじめて除菌外来を設立した鶴見大学歯学部の花田信弘教授は、次のようにいう。

「アルツハイマー病の人の脳から歯周病菌が見つかったのですが、正確にいえば歯周病菌の痕跡が見つかったということです。菌そのものではなく、歯周病菌がいた痕跡です。脳に歯周病菌が侵入していることは確かです。じつは、歯周病が進んでくると、歯周病菌が噛むたびに血液の中に侵入することがわかっています。これは歯原性菌血症といいます。その一部が脳に入ったのです」

 歯原性とは、口の中の細菌が原因となるという意味で、菌血症とは血液の中に細菌が入り込んだ状態で、さまざまな病気を引き起こす。心筋梗塞、動脈硬化、脳卒中、リウマチ、早産などを起こすことがすでにわかっている。虫歯、歯周病はもちろんだが、これらの病気を予防する上でも、重要なことは元となっている細菌を殺すか、少なくとも少なくすることだ。