NEW

ムカつく相手への復讐代行業者の実態…痴漢仕掛けや中傷メールで辞職に追い込む…殺人も

【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より
 2014年、日本産業カウンセラー協会が実施する無料電話相談室「働く人の悩みホットライン」に寄せられた「職場の問題」に関する相談のなかで、突出していたのが「人間関係」だったという。


 確かに、上司によるパワーハラスメントや同僚からのいじめに苦しみ、離職を決意する人は少なくない。一方、「自分を追いつめた相手をやり込めたい」と、攻撃的な感情を募らせてしまう人もいる。そして、そういった人間関係の「ゆがみ」を利用するビジネスが「復讐代行業者」である。

 復讐代行業者とは、その名の通り「数十万~数百万円の報酬を支払えば、気に入らない相手に社会的な制裁を与えてくれる」という触れ込みの業者だ。しかし、人気時代劇の『必殺仕事人』(テレビ朝日系)ではあるまいし、そんな業者が現実に存在するのだろうか。

 実際、13年10月には、この手の業者が世に知られる事件が起きている。「復讐代行」と呼ばれる業者が、日本の犯罪史上で初めて逮捕されたのである。

 事件の発端は、広島県に住む29歳の女性が元同僚を恨むあまり、あるサイトで復讐を依頼したことだ。この復讐代行業者は、ターゲットが勤める会社に「前の会社で金銭を盗んだ」「社長や専務と愛人関係にある」などと嘘のメールを送り付け、30~40万円の報酬を受け取ったという。

 結局、この業者と依頼者は名誉毀損の疑いで逮捕されたが、数年たった今でも、復讐代行を名乗る業者は多く存在する。

いじめ現場を撮影、痴漢冤罪を仕組まれる可能性も


 こうした業者は、どういった方法で依頼者の復讐を実行するのだろうか。基本的に復讐代行を名乗る業者の多くは、ターゲットを精神的に追い詰める手段を多用する。

 広島の事件のように「誹謗中傷メールをばらまく」といったものから、「出前を勝手に注文する」「無言電話を何度もかける」など、さまざまな手段でターゲットを精神的に疲弊させ、辞職やうつに追い込むのだという。

 ある業者のサイトでは、「いじめの現場を撮影し、その写真を送り付ける」という手の込んだものから、「痴漢冤罪を仕掛ける」というものまで、多様な手口が紹介されている。また、にわかに信じがたい話だが、裏社会に詳しい放送作家によると「殺人なら、1人300万円で引き受ける業者もある」という。

 現実の苦しみに悩む人にしてみれば、「こういった業者も、いわゆる必要悪なのでは?」という思いもあるのかもしれない。しかし、それは大きな間違いだ。こうした業者の実態は、我々の想像以上にえげつないものなのである。