NEW

三菱UFJ銀行、密かに一大計画推進…「莫大なカネ食い虫」巨大システムを捨てる日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 もし、誰かがビットコイン市場の占有などを目的にデータの改ざんを試みたとしよう。その参加者は、対象とする過去から直近まで、すべてのブロックを書き変えなければならない。この場合、自動的に新しい計算問題が設定される仕組みになっている。過去の問題から解き直している間にも新しいブロックが延伸され、正規のブロックチェーンの延伸よりも速く、改ざんを行うことは困難だ。

 また、過去のデータが改ざんされた場合はチェーンが分岐する。参加者がブロックチェーンのデータを同期化することで、非正規のブロックが生み出されたことが確認され、不正が発覚する。こうして、ブロックの改ざんが防がれ、取引の安全性が保たれる。

 なぜ、一部の参加者がマイニングを行うかといえば、ビットコインを手に入れれば利益の獲得が期待できるからだ。問題をいち早く解く達成感もあるだろう。ビットコインの発行量には制限が掛けられている。そして、ドルや円に対する取引価格(レート)は変動する。その結果、人気に拍車がかかり投機が発生した。その点で、ビットコインの取引はコモディティ(商品)への投機に似ている。

 一方、ビットコインを取り巻く法制度は発展途上にあると思われる。14年2月にビットコインの取引業者マウントゴックスが、ずさんな経営管理によって破たんした。通貨の管理者がいないだけに、不正や取引業者の破たんから、ビットコイン保有者をどう保護するか、法、金融規制の整備が急務であることはいうまでもない。

MUFGコインの特徴


 次に、ビットコインとの比較を通してMUFGコインの特徴を確認する。仮想通貨とはいうものの、MUFGコインとビットコインは異なる。MUFGコインを発行できるのは、三菱東京UFJ銀行だ。つまり、MUFGコインには、銀行の信用が反映される。わたしたちは日常的に銀行にお金を預けている。それは銀行が十分な自己資本や業務遂行の体制を備えていることに支えられ、「お金を預けても大丈夫」という安心感=信用があるからだ。これは通貨発行者の信用の裏付けを持たないビットコインと対照的だ。

 また、三菱東京UFJ銀行は「1円=1MUFGコイン」の交換レートを設定する。つまり、MUFGコインの価値は安定している。これによってビットコインが持つ投機性を排除することができる。信用と価値の安定を持つ仮想通貨の将来には大きな広がりがある。それは、仮想通貨と法定通貨の違いが徐々に少なくなると考えられることだ。

三菱UFJ銀行、密かに一大計画推進…「莫大なカネ食い虫」巨大システムを捨てる日のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、みずほフィナンシャルグループフィンテック三菱東京UFJ銀行の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!