NEW

東大医学部合格者の5割を占める塾、鉄緑会の秘密…驚異的システムの全貌

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
鉄緑会 HP」より

東京大学受験指導の名門」を謳う「鉄緑会」をご存知だろうか。1983年に設立され、東京・代々木に本部校舎を構えている学習塾だ。2016年度の実績では、この東京本校だけで東京大学に277名の合格者を出し、なかでも定員がわずか100名と狭き門である東京大学・理科三類(医学部)に37名もの生徒が合格しているという。大阪校の生徒まで含めれば理科三類の合格者数は54名まで膨れ上がるから、この占有率は驚異的というほかない。もちろん東京大学以外にも、国公立大学医学部に228名、慶應義塾大学医学部に55名の合格者を出すなど、華々しい実績を誇っているのである(どちらも東京本校のみの数値)。

 これほどまでに優秀な塾があるならば我が子をぜひとも通わせたい、と考える保護者も少なくないだろう。

 だが、鉄緑会がメインの受け入れ対象としているのは、独自の基準で選んだ“指定校”の生徒たち。入会するにも条件があるというのだが、鉄緑会は一体、どのような教育システムを採用しているのか。

 そこで、鉄緑会の会長を務め、現在も数学の授業や生徒の模擬面接などを担当されている冨田賢太郎氏に話を伺った。

入会希望者には選抜試験、入会後も校内で学力競争


「鉄緑会では4月、7月、10月、1月と、3カ月ごとに入会希望者の選抜試験を行っています。指定校に通う生徒の方々は中学1年生の4月に入会を希望される場合のみ選抜試験を免除していますが、我々も日々情報を集め、指定校のラインナップを入れ替えることはあります」(冨田氏)

 2016年現在、鉄緑会東京本校は13の指定校を公表している。開成、桜蔭、筑波大学附属駒場といった、いずれも世間に名だたる中高一貫の進学校だ。冨田氏いわく「その学校に入学した時点で一定の素質を持っていると考えられ、鉄緑会の授業にもついてきていただけるだろうと確信できる」とのこと。

 とはいえ、指定校に該当する生徒でも「中学1年生の4月」というタイミングを逃せば、他の学校に通う生徒同様に選抜試験をパスしなければならないということだ。選抜試験は、指定校制度を取っていない大阪校のほうでも実施されている。

「生徒が中学生の間は『レギュラー』と『オープン』という大きな枠組みを決め、英語と数学の総合成績で学力別にクラスを編成しています。英語だけできても数学だけできてもいけませんから、『どちらもバランスよく勉強することが大事だ』ということを制度として訴えているわけです。

東大医学部合格者の5割を占める塾、鉄緑会の秘密…驚異的システムの全貌のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、大学入試東京大学鉄緑会の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!