NEW

東急ストア、客ガラガラの「早朝&深夜営業開始」が波紋…なぜ、あえて時流に逆行?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
東急ストア 三軒茶屋とうきゅう

 食材から日用品まで、ありとあらゆる生活必需品が揃うスーパーマーケットの営業時間は、人々の生活の変化と共に工夫されてきた。

 たとえば2000年代前半には、ライフスタイルの多様化に合わせた営業時間の延長や、24時間営業への切り替えを試みる大型スーパーが多数現れていた。しかし、近年は24時間営業や深夜営業をやめる外食チェーンや小売チェーンが増えたのと同じように、スーパーマーケットも営業時間は短縮傾向にある。おそらくコンビニエンスストアやドラッグストアの急成長によるニーズの縮小や、シニア層に集客の的を絞った運営方針などによるものだろう。

 だがそんななか、東京都世田谷区にある「東急ストア 三軒茶屋とうきゅう」では、以前は10時~23時の営業時間だったのだが、2017年5月から7時~25時(深夜1時)までと営業時間が大幅に延長されているのだ。閉店時間だけを見ても、23時から25時へと2時間も延長となる営業時間変更がされており、時代に逆行しているように見受けられる。

 東急田園都市線・三軒茶屋駅は渋谷駅から2駅の好アクセスながら、趣のある商店街が残っている街。世田谷区の人気エリアではあるが、一人暮らしの若者も多く、家賃相場や物価もそこまで高くないのが魅力だ。

 そんな三軒茶屋にある東急ストアの深夜帯時間延長には、どのような狙いがあるのだろうか。

深夜帯の客数はまちまち、安定収益確保はできていない


 実際に延長された深夜帯の三軒茶屋とうきゅうへと何度か足を運んでみたが、集客は日によってまちまち。

 深夜のため12台あるレジのうち稼働しているのは2台のみだったが、店内に20~30人の客がおり、その2つのレジに5、6人が並んでいる日も。一方で店内はガラガラで店員が暇を持て余している様子の日もあった。これだけでは深夜帯の営業時間延長の経営的成否は判断しかねるが、少なくとも確実に儲かっているとはいいがたい状況だ。

 営業時間延長に踏み切った理由を東急ストア広報部に尋ねたが、

「地域に応じた処置をしているだけで、今後も営業時間が改定される可能性のある店舗はあります」

とのことで、残念ながら具体的な方針を聞くことはできなかった。しかし、広報担当者が口にした“地域に応じた対応”というのは、筆者が見た深夜帯の店内の光景を思い返すと、腑に落ちない点もある。

東急ストア、客ガラガラの「早朝&深夜営業開始」が波紋…なぜ、あえて時流に逆行?のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、スーパーマーケット東急ストア西友の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!