NEW

東京ガールズコレクション、栄光と過去の黒いスキャンダルの歴史

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より
 10~20代の若い女性に絶大な人気を誇るファッションイベント「東京ガールズコレクション(TGC)」。今年も、3月25日に東京・国立代々木競技場第一体育館に3万人の観客を集めて盛大に開催された。


 一時期の勢いは失ったものの、TGCは24回目を数える日本最大級のファッション即売会だ。ファッションショーだけではなく、アーティストによる音楽ライブ、お笑い芸人のパフォーマンスなど、エンターテインメント性の高いステージが繰り広げられることで知られる。

 今回は小池百合子・東京都知事が開会宣言を行い、ファッション以外のアイテムや、これから公開される映画やドラマの出演者が登場するなど、さまざまなプロモーションも展開された。

 しかし、きらびやかなショーとは対照的に、TGCの裏側ではさまざまな思惑を持つ人物が多数うごめいているという。TGCの事情に詳しいアパレル関係者のA氏は、「TGCが大きくなる過程には、複雑にからみ合ったイベントの利権に多くの人間が群がり、それにブランド側が翻弄されてきた歴史があります」と語る。

 日本最大といっていいファッションイベントの背後で、いったい何が起きているのだろうか。

各種騒動のたびに名前が出るTGC


 2005年から毎年、「春夏」「秋冬」の年2回開催されるTGCは、今年で12年目を迎える。コンセプトは「日本のリアルクローズを世界へ」。リアルクローズとは、本物志向でありながら実質的価値のある「現実的な服」のことだ。つまり、日本の若い女性たちが実際に今着ているファッションを世界に発信していこう、というテーマを持つファッションイベントである。

 TGCの大きな特徴は、モデルがショーで着用した服やアイテムを、携帯電話やスマートフォンを使ってリアルタイムで買えること。ファッションショーであると同時に、大がかりな即売会という側面も持っているのだ。

 前出のA氏によると、TGCを立ち上げたのは実業家の大浜史太郎氏が経営するゼイヴェルという企業だったという。ゼイヴェルは、20代女性向けの情報サイト「girlswalker.com」などを手がけており、大浜氏を中心に第1回目のTGCが企画された。

 すでに、このときからショーで使用した服を携帯サイトで購入できる仕組みができあがっていて、ファッション業界にインパクトを与えることに成功する。第2回目には、アーティストの村上隆氏とコラボレーションするなど、大きな注目を集めるイベントとなっていった。

 雲行きが怪しくなったのは、08年にゼイヴェルの財務責任者が横領事件を起こしたあたりからだったという。A氏が事情を語る。

「ゼイヴェルは08年、社名をブランディングに変更し、化粧品のセレクトショップ『Cosme Kitchen』やアメリカの人気ブランド『kitson』の日本事業を仕掛けたのですが、横領事件をきっかけに経営不振に陥り、資金繰りのためにTGCの商標権を売却してしまいます。

 TGCの企画・運営はF1メディアという子会社が行っていたのですが、こちらも売却しました。問題は、新たにF1メディアの社長となった矢吹満という人物です」

東京ガールズコレクション、栄光と過去の黒いスキャンダルの歴史のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、アパレルイベントファッション東京ガールズコレクションの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!