NEW

コメダ、驚異的高収益の秘密はパンのメニュー大量投入?凋落のスタバと真逆戦略で無敵

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメダ珈琲店(「wikipedia」より)

 コメダ珈琲店が絶好調だ。同店を展開するコメダホールディングス(HD)が1月10日に発表した2017年3〜11月期の連結決算(国際会計基準)は、売上高が前年比8.2%増の190億円、本業の儲けを示す営業利益は2.3%増の53億円だった。売上高営業利益率は驚異の27.9%にもなっている。

 コメダ珈琲店は、愛知・名古屋など中京エリアを中心に店舗網を拡大し、今や全国に770店(17年11月末時点)を展開するにまで成長した。出店意欲は旺盛で、17年3〜11月期だけで32店も純増している。

 株価も好調だ。コメダHDの株価は長らく1800〜1900円台で推移していたが、好調な業績を背景に昨年11月末から上昇が続き、12月中頃に2000円を突破した。今回の決算発表翌日の1月11日の終値は、前日より3%高い2156円にまで上昇している。

 コメダHDは16年6月29日に東京証券取引所第1部に上場したが、その後の株価は1600円を切ることもあるなど低迷が続いていた。そのため、今の高い株価は投資家にとって喜びもひとしおだろう。

 コメダHDの業績が好調の背景には、同社の巧妙な出店戦略にある。スターバックスコーヒードトールコーヒーショップが幅を利かせ、さらにブルーボトルコーヒーを代表とするサードウェーブコーヒーが台頭するなど、喫茶店業界における競争は激しさを増しているが、コメダ珈琲店はそういった競争を上手く回避しているのだ。

 他の大手コーヒーチェーンは駅前や繁華街の一等地に出店する戦略を基本としているが、コメダ珈琲店は必ずしもそうではない。近頃はそういった場所に出店するケースもあるが、基本的には、郊外の住宅街に駐車場付きの店舗を構え近隣住民のリピート来店を獲得する戦略を採用している。そのため、大手コーヒーチェーンとの競合は生じにくくなっているのだ。

コメダ、驚異的高収益の秘密はパンのメニュー大量投入?凋落のスタバと真逆戦略で無敵のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、コメダ珈琲店スターバックスコーヒードトールコーヒーショップマクドナルドの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!