NEW

ライフネット生命、「時代の寵児」の苦悩…好調の「就業不能保険付きがん保険」で飛躍図る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
就業不能保険(「ライフネット生命 HP」より)

 インターネット専業の保険会社、ライフネット生命保険は3月22日、取締役会を開き、取締役執行役員営業本部長の森亮介氏が社長に就く人事を決めた。6月24日の株主総会で正式に就任する。同社の立ち上げに携わった岩瀬大輔社長は代表権のない会長に退く。

 同社は2006年に設立し、08年に営業を開始した。営業職員を抱えない新しいビジネスモデルで、一時は「時代の寵児」ともてはやされたが、今、大きな転機を迎えている。その最中でのトップ交代となった。

 創業者の出口治明氏は京都大学法学部を卒業後、日本生命保険に入社。ロンドン現地法人社長、国際業務部長などを歴任。同社を退社後、東京大学総長室アドバイザーを経てネット専業の保険会社、ネットライフ企画(現ライフネット生命)を立ち上げ、社長に就いた。12年、東証マザーズへの上場を機に会長に退いた。さらに会長退任後、18年1月に立命館アジア太平洋大学第4代学長に転じた。

 共同創業者である岩瀬氏が13年に社長を継いだ。岩瀬氏は1998年、東京大学法学部を卒業後、ボストン・コンサルティング・グループに入社。その後、リップルウッド・ホールディングスを経て、「日本ではできないことをやりたい」としてハーバード・ビジネス・スクールに留学してMBA(経営学修士)を取得。帰国後、ゼロから新しい生命保険会社をつくるため、出口氏とライフネット生命を立ち上げた。

 ライフネット生命は、上場したものの赤字経営が続いた。生保レディーを軸に対面販売が中心の生保業界で、インターネットによる非対面販売が特徴だった。だが、大手生保がネット販売を強化したため苦境に陥った。

 15年にKDDIと資本提携。携帯電話の販売店を通じて対面販売を始めた。17年11月、KDDIは三井物産から株式を買い取り、出資比率を15.6%から25.0%に引き上げ、持ち分適用会社に組み入れた。KDDIは16年から新しい金融サービス「auのほけん・ローン」を開始し、保険やローンに参入。金融部門の強化に乗り出した。

ライフネット生命、「時代の寵児」の苦悩…好調の「就業不能保険付きがん保険」で飛躍図るのページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、がん保険ライフネット生命保険就業不能保険岩瀬大輔の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!