NEW

嵐は「ダサい」!? 松本潤が告白も「Hey! Say! JUMPのほうがヤバイ」とされる理由

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
嵐は「ダサい」!? 松本潤が告白も「Hey! Say! JUMPのほうがヤバイ」とされる理由の画像1

 松本潤が12日放送の『Aスタジオ』(TBS系)に出演し、その際の発言が話題になっている。

 1999年に松本が「嵐」というグループで活動することを知った際、「嵐」という名前に関し「マジかと思いました。ビックリしました。だっせーって」と思ったと告白。今や国民的グループにまでなったが、当事者としての率直な感想を語った。

 ネット上では「まあ、今でもだせえよ」「デビュー曲『A・RA・SHI』は確かにダサい」「本人たちもダサいと思ってたのね」とさまざまな意見が。「そもそもジャニーズ事務所のアイドルグループの名前がダサい」なんて意見もあるが......。

 一方で「最初はダサいと思ったけど、今は別に」「売れたし、今はそれじゃないと違和感ある」「売れたらかっこよく見えるもんなのかな」という意見も。少なくとも「今の」嵐には違和感やカッコ悪さはないという考えもあるようだ。

「ジャニーズに限らず横文字が多い中で『嵐』というのはわかりやすくていい部分もあるかもしれませんね。そもそも小難しい英語のグループ名にしてもハードルが上がる場合もあるでしょうし......まさに『勝てば官軍』、嵐はグループとして大活躍中ですから、今はグループ名がどうこうと気にする声は少ないでしょう。そもそも昔は『シブがき隊』とかだったわけですし」(記者)

嵐は「ダサい」!? 松本潤が告白も「Hey! Say! JUMPのほうがヤバイ」とされる理由のページです。GJは、エンタメ、Hey! Say! JUMP松本潤の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!