NEW

関西電力は上から下まで腐りきっている…金品受領は常態化、自治体首長を平気で恫喝

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関電会見、会見に応じる八木誠会長(写真:日刊現代/アフロ)

 関西電力の社長は業績と無関係に決まる。誰にくっついて引き立ててもらえるかで決まる。役員は御殿女中のようなものだ。役員たちが3度のメシより好きな人事抗争に明け暮れるのはこのためだ。岩根茂樹社長は八木誠会長の御殿女中だったから社長の椅子に座ることができたのだ。

 原発が命綱の関電。原発再稼働に向け、関電幹部は関西広域連合の首長らを関電は恫喝してきた。福井県高浜町の元助役、森山栄治(故人)から金品を受領していた問題で、八木会長と岩根社長は2日に記者会見を開いた。「まるで被害者」のような顔をしていたが、恫喝体質の権化なのは関電だ。嘉田由紀子・元滋賀県知事は「(夏場の)電力不足で停電になったらどうする。お前が責任をとれるのか」と恫喝されたと暴露したことがある。電気を人質にとって脅かすとは、暴力団よりタチが悪い。

 NHKの水野倫之解説委員が9月2日深夜の『時論公論』で「他にも(スキャンダルが)ある」と指摘していた。NHKは3日、正午のニュースで報じていたが、吉田開発ともう1社から直接金品を受け取っていた人物がいるのだ。10月3日付朝日新聞は次のように報じた。

<関西電力は2日夜、役員20人の金品受領問題を巡り、うち3人には福井県高浜町の森山栄治元助役ではなく、工事業者から直接受け取っていた事例が含まれていたことを明らかにした。関電が業者に発注した工事代金を一部が、関電に直接「還流」していた疑いが浮上した。同社によると大塚茂樹常務執行役員が現金100万円と商品券40万円、豊松秀己元副社長がスーツ仕立券4着(200万円相当)、鈴木聡常務執行役員もスーツ仕立て券1着(50万円相当)を吉田開発を含む2社から受け取っていた。このうち豊松氏はスーツ券を使用。返却はしていないという>

 鈴木聡・原子力事業本部副事業本部長は現金7831万円、商品券1950万円、3万5000ドル、金貨83枚、小判2枚、金500グラム、スーツ14着を受領していた。スーツ14着のうち1着は業者から直接手渡されたものだった。大塚茂樹・原子力事業本部副事業本部長は200万円、商品券210万円、1万ドル、スーツ4着。現金100万円、商品券40万円は直接業者からだった。

 豊松秀己・原子力事業本部長は元副社長になっているからだろう。「スーツ券を使用した」と関電が明らかにした。八木会長も「50万円もするとは知らなかった」と言っているらしいが、スーツ仕立て券を使っている。まともな企業のトップは贈り物の価値を調べて、お返しをする。あまりに高価な場合には「お気持だけいただく」といって返却する。他の部署でも金品の授受があったという未確認情報がある。ニュースになるのは時間の問題とみられている。関電は上から下まで腐っているのか。

関西電力は上から下まで腐りきっている…金品受領は常態化、自治体首長を平気で恫喝のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事