NEW
企業・業界

楽天、出店業者をカモに“罰金ビジネス”の疑い…「違反の指摘あった」と虚偽説明か

文=深笛義也/ライター
【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天市場のサイトより

 罰金ビジネス。どこぞの名も知れぬブラック企業の話かと思うが、インターネットサービスをはじめとして、金融サービス、プロスポーツ事業にも乗り出している、楽天でのことだ。

 その中核をなす事業は、国内最大の電子商店街である「楽天市場」。そこで問題は起きている。楽天市場に出店するQ社は、メーカーとの間を仲介する商社から受け取った商品の画像を使って、楽天市場内の店舗サイトで商品を紹介していた。

 11月21日、楽天の品質向上委員会・違反点数制度事務局からQ社に、以下のメールが届いた。

----------------------------------------

このたび、株式会社●●より、

貴店において株式会社●●の権利を侵害する行為を確認した、との指摘が当社に寄せられましたのでご連絡いたします。

お忙しいところ恐れ入りますが、ご対応期限までに下記依頼事項の対応をお願いいたします。

----------------------------------------

 株式会社●●というのは、メーカーである。同様の文面で、3社のメーカーについて3通のメールが来たという。メーカーの許諾を得ずに商品の画像を使用したのが、著作権侵害に当たるというわけだ。

 これを見てQ社が思ったのが、罰金ビジネスだ。楽天には、出店店舗に向けた「取扱禁止商材・禁止行為ガイドライン」というものがある。売ってはいけない物として、改造モデルガン、麻薬、使用済みの下着、児童ポルノ、免許証、パスポート、健康保険証、議員バッチ、弁護士バッチなどが挙げられているなど、おおむね常識的内容だ。

 そのなかに禁止事項として、「著作権、肖像権等を侵害する表記」というものが、以下のように書かれている。

----------------------------------------

他人の著作権、肖像権、パブリシティ権の侵害となるような、以下の行為

・掲載許可のない、有名人画像や他人・他店舗の著作物の使用

・掲載許可のない、メディアコンテンツ(雑誌・新聞等)の使用

・「○○さんが愛用」「ドラマ○○で使用」「雑誌○○で紹介!」などの記載

---------------------------------------- 

 この件に関する、違反点数は35点。出店店舗に対する「違反点数制度に関するガイドライン」によれば、違反点数が累積して100点を超えると、300万円の違約金が発生し、ランキング掲載制限などのペナルティーを受ける。これが、300万円を得るための罰金ビジネスだと受け取られたというわけだ。

RANKING
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合

関連記事