NEW
IT

インスタ「いいね」数、非表示化で“競わない”が好評…インフルエンサービジネスが岐路

文=佐久間翔大/A4studio
【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Getty Images」より

 大手SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)であるInstagram(インスタグラム)とFacebook(フェイスブック、FB)が昨年、相次いで「いいね」数の非表示化テストを実施した。両サービスともに投稿の内容への支持や共感の意思を示す「いいね」がもらえるかもらえないかを気にする、あるいは他のユーザーと「いいね」の獲得数を比較することでネガティブな感情を抱くユーザーや、「いいね」を得るために過激な行動を取るユーザーが増加し、問題となっている。今回の実験は、こうした問題への対応策の一つだが、はたして承認欲求が渦を巻くSNSの現状は打開されていくのであろうか。

 そこで『Twitter広告運用ガイド』(翔泳社)などの著書があり、SNSの最新事情に詳しいITジャーナリストの高橋暁子氏に、「いいね」数非表示化による現状の成果やユーザーの反応、今後迎えるSNSの変化について話を聞いた。

ライトユーザーに好評をもって迎えられた非表示化

 まず、そもそもインスタやFBで「いいね」機能に関わる問題が発生し、非表示化テストが実施されるに至った背景から解説していただこう。

「インスタのユーザーには20代~40代ぐらいまでの女性が非常に多く、趣味嗜好の近いユーザーとつながりを持つ、自分の好きなものに関する情報を調べる、ファッション誌のように自分が興味のあるものを眺めるといった使い方がされています。一方で、FBは中年男性の利用者が多くなっており、実名制という特性もあって社会的なつながりを維持するために使われることがメインになっています。

『いいね』数を競い合うような状況が問題視され大きく注目されはじめたのは、『インスタ映え』が話題となり始めた2015、2016年くらいからでしょう。爆発的な人気を得ると同時に、悪評もまた高まっていったのです。特にインスタへの批判では、イギリスの王立公衆衛生協会が、インスタは若者の心の健康に最も悪影響を与えるSNSだという調査結果を発表したことが、大きかったと思いますね。

『いいね』の獲得数による問題以外にも、インスタではフォロワーや『いいね』の高値での売買やユーザー間でのいじめ行為、FBでも自殺や殺人の動画配信や、フェイクニュースの拡散といった問題が発生しています。それらの対策を講じるなかで、とりあえずできるところから対応しなければと考えた結果が、今回の非表示化テストにつながったのではないでしょうか」(高橋氏)

 SNS時代を象徴するツールとなったものの、数多くの問題もまた抱えることとなったインスタとFB。先んじて開始されたインスタの「いいね」数非表示化テストはどのように行われ、どのような声がユーザーから寄せられているのだろうか。

関連記事