NEW
連載
たかぎこういち「“イケてる大先輩”が一刀両断」

レナウンの親会社、中国“ファッション帝国”企業にデフォルト懸念…伊藤忠も共同出資

文=たかぎこういち/タカギ&アソシエイツ代表、東京モード学園講師
【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Getty Images」より

1.続く中国国有企業のデフォルトと山東如意科技集団の現状

 前回、アリババ創業者のジャック・マー氏の発言から推測した中国企業全体のキャッシュフローへの疑問を呈した。2019年はロイターの試算では、デフォルト(債務不履行)を起こしたのは国有企業6社と民間企業42社となっている。米中貿易摩擦の影響で、中国の経済成長率は約30年振りの低成長に減速している。

 米ウォールストリート・ジャーナルによれば、中国を代表する北京大学が過半数を所有する国策複合企業、北大方正集団も19年12月、人民元建て債の一部で支払いの遅延を起こした。北大方正は12月17日までに支払いを完了させなければ約30億ドルのドル建て債のデフォルトに陥る危機に直面していた。

『アパレルは死んだのか』(たかぎこういち/総合法令出版)

 これまで中国政府は政府系企業の債務不履行が起こる前に対策を打ってきたため、問題が表面化しにくかった。しかし、ここにきてその方針が転換されつつあると理解しなくてはいけない。中国当局は、中央・地方政府を後ろ盾として政府系企業が暗黙の保証を受けているという市場投資家の思い込みを振り払おうとしているようにも映る。

 今回は、ファッション業界の注目事例として、中国の同産業を代表し「中国のLVMH」を自称する山東如意科技集団(SHANDONG RUYI GROUP/以下、山東如意)を取り上げ解説する。

 1998年には2億元(約30億円)であった売上を2016年には500億元(約7,500憶円)まで伸ばし、20年で売上260倍となる急成長を実現させた企業である。傘下には日本のレナウン、英国のアクアスキュータム、スイス創業のバリー、フランスのSMCPなどを保持している。

2.華々しい奇跡的成長とブランド買収歴

 山東如意は1972年に国営の毛紡績工場として設立され、1993年に民営化された中国繊維大手企業グループである。1995年に工員として17歳で働きだした現在の実質的オーナー、邱亜夫(Qiu Yafu)氏の指揮のもとに、積極的なM&A(合併・買収)を進めた。18年10月に米の繊維大手インビスタ(INVISTA)から「LYCRAライクラ」「COOLMAXクールマックス」などを約2,000億円規模で買収。これには19年2月には従来から資本・業務提携先である伊藤忠商事も推定200憶円程度を出資しているようだ。

関連記事