東京オリンピックも中止か、新型コロナ拡大でイベント中止が続出…売上3割減の企業もの画像1
「Getty Images」より

コロナウイルス不況」--数年後には、そんな言葉で語られるようになるのだろうか。コロナウイルスの感染拡大は日本各地でとどまるところを知らない。感染経路を追い切れない感染者の発見も相次いでおり、もはやどこで感染するのかわからないという状況だ。

 政府の広報やワイドショーなどでは繰り返し、体調不良の場合には、すぐに休養を取るよう薦められているが、それはあくまで絵空事だ。多くの会社では仕事がギリギリの人数で回っているため、簡単に休むことができない。派遣社員や契約社員に至っては、給料が減って生活できなくなるので、やはりなかなか休むことができない。そんな日本の社会構造が感染拡大を助長しているという指摘もある。いずれにせよ、感染は今後さらに拡大し、経済活動に影響を及ぼしていくだろう。

 感染拡大の影響が如実に現れているのは、各種の催しである。2月20日には政府も多くの人が集まる大規模イベントについては開催の是非をあらためて検討するよう呼びかけた。23日の天皇誕生日の一般参賀という国家行事すらも中止となった。

 2月27日からパシフィコ横浜で開催予定だったカメラメーカーの業界団体・カメラ映像機器工業会が主催する「CP+2020」は、いち早く中止を決定。感染拡大が懸念されていた6日時点では「計画通り開催予定」としていたものの、14日になり中止を決めた。この催しは世界から業界関係者やカメラ愛好家など約7万人が集まり、各メーカーが新製品を発表する、業界にとってもっとも重要な見本市のひとつだ。それが早期の中止を決断したことは関係者以外からも注目された。

 これに続いて3月1日開催予定だった東京マラソンが、一般参加者の出走を中止して開催することを決定。

 こうした動きは全国各地に広がっている。大阪府では、3月15日に開催予定だった大阪万博50周年記念の式典を中止するとともに、3月20日までの間、府が主催する242件の催しを原則として中止や延期することを決めた。宮城県では2月22日から開催予定だった「第12回 東北モーターショー in 仙台 2020」の中止を決定。岡山県では、2月22日に備前市日生町で開催予定だった恒例の「かきまつり」が中止になっている。このほか、アイドルのライブやオフ会から政治家の支援者向け集会まで、今月から3月上旬にかけての催しが次々と中止を決めているのだ。

東京オリンピックのために開催期間や場所の変更をした展示会

 これからゴールデンウィークの時期にかけて、国内ではさまざまな業界の見本市などが目白押しだ。今年は東京オリンピック・パラリンピック開催のために、日本最大級の展示場である東京都江東区の東京ビッグサイトが約5カ月間、使用できない。そのため、使用停止によって損害を被る展示会業界の要望もあり、りんかい線・青海駅前に仮設展示棟を建設し、一部の展示会をそちらで開催するなど使用停止期間の影響を最小限に抑えたという経緯がある。

関連記事