NEW
連載
片田珠美「精神科女医のたわごと」

新型肺炎、一億総“過剰反応”の原因…厚労省は早急にロシュ製検査キットを導入すべき

文=片田珠美/精神科医
新型肺炎、一億総過剰反応の原因…厚労省は早急にロシュ製検査キットを導入すべきの画像1
写真:Featurechina/アフロ

 新型コロナウイルスに対する不安が日本中に広がり、社会全体が不安障害になってしまったかのような様相を呈している。「一億総不安社会」とも呼べるほどだ。

 不安は、精神分析では「危険に対する反応」としてとらえられる。危険を察知するからこそ不安を覚えるのであり、それによって身を守る行動をとることができる。「盲目の人は蛇を怖がらない」という意味のことわざがあるが、目の前に危険な事態があることを認識できないと、危険を回避するために必要な対策をとれない。だから、不安は危険を警告するサインであり、自己防衛のために人間にそなわっているのだと考えられる。

 ところが、「過ぎたるは及ばざるがごとし」という言葉通り、不安が強くなり過ぎて、過剰反応を起こす人が少なくないように見受けられる。

 たとえば、福岡市地下鉄で2月18日、せき込んでいるのにマスクをしていないとして乗客どうしが口論になり、非常通報ボタンが押され、ダイヤが乱れるトラブルがあったという。非常通報ボタンを押した乗客は、自分が感染するのではないかという不安が強く、とっさの判断で行動したのかもしれないが、パニックになって過剰反応を起こした可能性も否定できない。

 それだけ日本社会全体に不安が蔓延しているわけで、これは危険を察知しているからだろう。何しろ、中国では死者が2500人を超えたし、韓国やイタリアでも感染者と死者が増え続けている。イタリアでは、一部自治体が封鎖される事態になったらしい。わが国でも感染者、とくに感染経路が不明の患者が増え続けていることを考えると、こういう反応をするのは、仕方がないともいえる。

 ただ、不安が強くなり過ぎて過剰反応を起こすと、落ち着きがなくなったり、怒りっぽくなったりして、日常生活に支障をきたしかねない。そこで、なぜ不安が強くなるのかを分析し、少しでも不安を和らげるための処方箋を提案したい。

不安が強くなる原因

 これほど不安が強くなる原因として、主に次の4つが考えられる。

1)ウイルスは姿が見えない

2)水際対策が成功しているようには見えない

3)いつまで続くかわからない

4)感染によって受けるかもしれない「バイ菌」扱い

関連記事