NEW

小僧寿し、債務超過解消でも明るい未来見えず…10期連続赤字、異業種進出も失敗続き

文=佐藤昌司/店舗経営コンサルタント
【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【完了】小僧寿し、債務超過解消でも明るい未来見えず…10期連続赤字、異業種進出も失敗続きの画像1
小僧寿しの店舗(「Wikipedia」より)

 持ち帰りずしチェーンを展開する小僧寿しが、債務超過を解消した。2018年12月末の連結純資産が10億5700万円のマイナス(前の期は2億6400万円のプラス)と債務超過になっていたが、19年12月末は900万円のプラスになり、債務超過から脱却した。だが、業績は依然として厳しい状況が続いており、明るい未来図は見えてこない。

 小僧寿しは19年に第三者を割当先とする新株予約権の発行や債務の株式化(デット・エクイティ・スワップ)を実施するなどして純資産の増加を図った結果、19年12月末には900万円の純資産を確保し、債務超過を解消した。

 一方で業績は厳しい状況が続いている。19年12月期連結決算は、売上高が前期比5.2%増の58億円、営業損益が1億9500万円の赤字(前の期は5億9100万円の赤字)だった。最終損益は1億1600万円の赤字(同16億7800万円の赤字)だった。営業赤字は16年12月期から4期連続、最終赤字は10年12月期から10期連続となる。

 小僧寿しは、かつては加盟店が2300店を超え、チェーン売上高で外食産業日本一に輝いたこともある外食の雄だった。だが、競争激化で事業規模の縮小を余儀なくされ、19年12月末時点の飲食店店舗数は持ち帰りすし店の「小僧寿し」や「茶月」など計約220店にとどまっている。1年前からは約30店減った。店舗数は減少傾向が続いている。

 小僧寿しを取り巻く環境は厳しさが増している。日本フードサービス協会によると、18年のすし店の市場規模は1兆5497億円で増加傾向にあるが、これは大手回転ずしチェーンがけん引したためで、持ち帰りずし店の市場は縮小傾向にある。

 回転ずしは外食産業のなかでも有望市場とされており、大手はどこも好調だ。各社の直近本決算の売上高を確認するが、「スシロー」を展開するスシローグローバルホールディングスの19年9月期連結売上高(国際会計基準)は前期比14%増の1990億円、くら寿司(19年10月期連結)は3%増の1361億円、はま寿司(19年3月期)は5%増の1242億円と、トップ3は増収を達成している。他の外食チェーンがうらやむほどの伸び率だ。

コンビニやスーパーなどの競合に押される

 一方で持ち帰りずし店は厳しい状況に置かれている。持ち帰り機能も強化している回転ずしチェーンに押されているほか、スーパーマーケットやコンビニエンスストアなど「中食」を強みとする異業種にも侵食されている。スーパーやコンビニは、すしのみならず、すしの代替品となるおにぎりや弁当といった総菜も充実してきている。コンビニに関しては、店舗数が大きく増えている。小僧寿しはこうした競合に押されていった。

 こういった状況で小僧寿しが集客を実現するには、回転ずしチェーンやコンビニ、スーパーが提供できない価値を提供する必要があるだろう。

 もちろん、小僧寿しは対策を講じてきている。「多様な食を、多様な形で、多様な顧客へ」のスローガンを掲げ、持ち帰りずしに依存しない事業モデルの確立を図った。そしてコンビニなど競合が提供できない価値の提供を試みている。

RANKING
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合