いきなり!ステーキ社長、『カンブリア宮殿』で自己中経営を全否定され「悲惨」と話題にの画像1
いきなり!ステーキの店舗(「Wikipedia」より)

 3月12日放送の『カンブリア宮殿』(テレビ東京系)に、いきなり!ステーキ創業者でペッパーフードサービス社長の一瀬邦夫氏と、すかいらーく創業者で「外食業界のレジェンド」と呼ばれる横川竟氏が出演した。そこで語られた経営論が話題を呼んでいる。

 昨年、バーガーキングが23の不採算店舗を整理し、幸楽苑は今年1月に51店舗の閉鎖を発表するなど、苦境が続く外食業界。その中で、年内に74店という大量閉店に追い込まれているのが、いきなり!ステーキだ。

 そんないきなり!ステーキについて、横川氏は「うまくやればいい会社になるし、今の形だと、どっかでガシャッと修正しないといけないんで」と指摘。一方、予想外の業績低迷に直面する一瀬氏は「それでも5年間もずっと右肩上がりで行ったんですからね」「良かったときのことが忘れられないですよ」と現在の心境を語った。

 2013年にオープンしたいきなり!ステーキは、コストパフォーマンスに優れた立ち食いスタイルで大人気を博した。しかし、その斬新な業態が模倣され、今や街なかには競合店が急増している。昨年、新鮮な牡蠣も提供するオイスターバーをオープンするも起爆剤にはならず、ペッパーフードサービスの2019年12月期連結最終損益は27億円の赤字で2期連続の最終赤字となった。また、上場以来初となる営業赤字(7100万円)も記録している。

 横川氏は「どこへ出したかが問題で。失敗するんです、立地っていうのは」と出店戦略のミスを指摘。わずか数年で500店を出店したことについて、一瀬氏は「やっぱり、僕は出店を急ぎすぎましたよね。お客様がいないところにも出してしまった」と反省の弁を述べた。

「企業側の論理か、お客さんの論理か」

 ここから、横川氏と一瀬氏の経営観の違いが浮き彫りとなる。横川氏が「企業側の論理で拡大するのか、お客さんの論理で拡大していくのか」「一瀬さんは“いきなり!ステーキで日本一になりたい”という思いがすごい強いんだと思います。強すぎるから、店をたくさんつくっちゃうんです。すると不足するのは、人と良い立地がなくなる」という見解を披露すると、一瀬氏は「僕、全然そうは思ってないですね。日本で一番のステーキ屋さんになろうと思ったことはないんです」と反論した。

 インタビュアーの村上龍から「飽きられちゃったっていうのはないですか?」と聞かれると、「僕の油断だと思います」と語った一瀬氏。横川氏は「経営っていうのは、良いときも悪いときも自分のペースを乱さずにやっていくことが大事なんですね。一瀬さんは自分のペースを乱したんです。たくさんつくりすぎた、一気に」と、やはり厳しく指摘した。

 さらに、話題は昨年12月に店舗前に掲出された、一瀬氏直筆のメッセージの件に。張り紙には自身の思いや原価率の高さが綴られており、一瀬氏は「いかにうちのステーキが得か、おいしくて」をアピールする目的だったというが、横川氏は「僕個人の趣味で言うと、僕は書きません。商売というのは、これを商品で表現することです」と一刀両断。一瀬氏も「やっぱり商売っていうのは、自分がおいしいと思うものをお客様に食べていただきたいと思うので」と持論を展開した。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ