河井案里議員、薬を多量服用&飲酒で救急搬送…失職危機で自民党が切り捨てかの画像1
自民党の河井案里参議院議員(写真:毎日新聞社/アフロ)

 自民党河井案里参議院議員が3月28日16時半頃、衆議院議員宿舎から救急搬送されていたことが明らかになった。報道によると、案里議員は薬を多量に服用し、飲酒していたとの情報もある。症状は重くないと伝えられているが、案里議員といえば、選挙違反事件で公設秘書らが逮捕、起訴され、自身も広島地方検察庁から任意の事情聴取を受けるなど騒動の渦中であるだけに、注目が集まっている。

 案里議員と夫で前法務大臣の河井克行衆議院議員は、昨年の参議院議員選挙で運動員に法定上限を超える報酬を支払った公職選挙法違反の疑いが浮上している。3月3日には両議員の議員会館の事務所に強制捜査が入り、克行議員の政策秘書、案里議員の公設秘書、選挙スタッフの合計3人が公職選挙法違反容疑で広島地検に逮捕された。

 その後、広島地検の任意の事情聴取に対し、複数の陣営関係者が「選挙の責任者は克行氏」という趣旨の証言をしたことや、克行議員がスタッフに細かい指示を出しているLINEの画像なども報じられている。また、複数の県議会議員や市議会議員は広島地検の事情聴取に対し、「夫の克行前法相などから現金を受け取った」と説明しているという。

 広島地検は、すでに前述の逮捕者3人のうち案里議員の秘書と克行議員の秘書を起訴した上に、案里議員の秘書が連座制の対象となる「組織的選挙運動管理者」に当たるとみて、百日裁判を申し立てている。同裁判で秘書の有罪が確定すれば、連座制の適用により案里議員の当選が無効、つまり失職する可能性も取り沙汰されている。

「百日裁判はその名の通り、100日以内に判決を出すことが求められる裁判で、迅速に審理を進めるため、週に一度以上は公判期日が組まれるスケジュールが予想されます。そんな過密日程が4月にも開始すると見られていたため、案里議員は精神的に追い詰められていたのかもしれません。かねてから議員辞職や離党については否定していましたが、裁判で失職となれば言い逃れはできませんからね」(週刊誌記者)

 今回の問題をめぐっては、昨年9月の内閣改造で法相に就任したばかりの克行議員が大臣の職を辞するなど、安倍政権にとっても大きな打撃となっている。一方で、そもそも昨夏の参院選で案里議員を猛プッシュしていた安倍政権が、公選法違反につながる運動員の買収にも関与していたのではないか、という疑惑がある。すでに、参院選の前に案里議員と克行議員の政党支部に党本部から合計1億5000万円が振り込まれていたことが報じられており、案里議員は「違法性はない」としつつ受領を認めている。

 そんな中、克行議員の辞職後も広島地検の捜査は進み、前述のように事務所の強制捜査や秘書らの逮捕という展開になっている。そして、百日裁判が申し立てられたことで、案里議員は追い詰められた格好だった。

 一方、渦中の案里議員は2020年度予算の採決が行われた3月27日の参院本会議を発熱を理由に欠席し、30日には自民党の末松信介参院国会対策委員長が「案里議員は当面登院できない」との見通しを明らかにしていた。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ