武田薬品、代名詞「アリナミン」を手放す理由…巨額の有利子負債問題、売却先選び混迷の画像1
武田薬品工業「アリナミンV」(サイト「Amazon」より)

 武田薬品工業が栄養ドリンク「アリナミンV」などを販売する大衆薬子会社、武田コンシューマーヘルスケア(武田CH、東京)を売却する方針を固め、金融機関と売却先の選定に入った。売却額は3000億~4000億円前後になりそうだ。

 武田薬品はアイルランドの製薬大手シャイアーを買収したことに伴い急増した有利子負債を圧縮し、抗がん剤など医療用医薬品分野の新薬開発に経営資源を集中する。売却先の候補は大衆薬最大手の大正製薬が有力視されている。ただ、新型コロナウイルスの影響で景気や市況の先行きに暗雲がたれ込めており、売却交渉がスムーズに進むかどうか不透明だ。

武田は「アリナミン王国」だった

 大衆薬とは、医師の処方箋なしでドラッグストアや街の薬局で購入できる市販の医薬品のことである。武田CHは2016年4月、武田薬品の大衆薬事業を分社化して設立され、翌17年4月に事業を開始した。アリナミンや風邪薬「ベンザブロック」などが有名だ。

 アリナミンシリーズは武田薬品の看板商品。現在の売上高では、ほんの一部にすぎないが、多くの日本人にとってアリナミンは武田の顏である。戦時中から38年にわたって社長・会長を務めた六代目武田長兵衛は、1954年、日本初のビタミンB1製剤アリナミンでタケダの社名を全国区にした。60年代には全利益の半分をアリナミンが稼ぎ出し「アリナミン王国」を築いた。87年、ドリンク剤「アリナミンV」を発売し、これもヒット商品になった。

 武田薬品の飛躍の一丁目一番地ともいえるアリナミンを売却することが正式に発表されれば、創業家やOBなどの強い反発が予想される。

武田CH社長は外資系製薬会社からのスカウト組

 武田CHを分社化した前後から、「いずれ売却するつもりだろう」との観測が医薬品業界の間で広がった。武田CHの初代社長には武田の生え抜きでヘルスケアカンパニープレジデントだった杉本雅史氏が就いた。業界団体の日本OTC医薬品協会長も兼ねた杉本社長は「アジアのリーディングカンパニーになる」と意欲満々だった。ところが、2018年3月、取締役、協会長の任期を残して突然、社長を辞任。業界内に衝撃が走った。

 表向きの理由は「事業開始から1年を区切りとした」だが、それを信じる向きはいなかった。武田CHの方向性、経営のカジ取りをめぐって親会社と激突したといわれた。武田を去った杉本氏は、19年1月、ロート製薬に三顧の礼で迎えられ、6月に社長となる。日本の大企業で、国内のライバル企業で社長だった人物をスカウトし、社長に登用することは極めて珍しい。創業120周年のロート製薬で初となる外部出身の経営トップである。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ