NEW
高橋篤史「経済禁忌録」

旧村上ファンド・村上世彰氏、連敗…“伝家の宝刀”が錆び付いていたことが露見

文=高橋篤史/ジャーナリスト
【この記事のキーワード】

, ,

旧村上ファンド・村上世彰氏、連敗…“伝家の宝刀”が錆び付いていたことが露見の画像1
芝浦機械株式会社 HP」より

 ここにきて村上世彰氏の不人気ぶりが露わになっている。

 3月27日に開かれた芝浦機械(4月1日付で東芝機械から社名変更)の臨時株主総会では会社側による買収防衛策導入の阻止に失敗。6日後、1月下旬から仕掛けていた敵対的TOB(株式公開買い付け)を撤回した。2月末に行われたレオパレス21の臨時株主総会でも提案した取締役選任案が否決されている。TOBや取締役派遣は「株主価値向上」を声高に叫ぶ村上氏が経営陣に圧力をかける際のいわば“伝家の宝刀”。芝浦機械やレオパレス21で示された結果は、勇んで抜いてはみたものの、それがじつのところ錆び付いていたことを如実に表すものといえる。

 村上氏が株式市場に舞い戻ってきたのは2012年頃のことだ。かつて率いていた「村上ファンド」がニッポン放送株をめぐるインサイダー取引事件で摘発されてから6年ほどが経った頃である。村上ファンド解散後の2007年1月、村上氏の資産管理会社「オフィスサポート」には配当として151億円が流れ込んでいた。それを主な軍資金に「レノ」や「C&I Holdings」(2012年3月に事実上倒産した旧ベンチャー・リンク)といった関係先が買い占めを展開した。最初に大きな資金を投じた先は、同業のPGMによるTOB攻勢を受けていたアコーディア・ゴルフ。さらに鴻池運輸や黒田電気などを次々と標的にしていった。

 村上氏の買い占め先は基本的に低PBR(株価純資産倍率)の割安株だ。そして、大幅な増配や大量の自己株買いによって内部留保を吐き出させようと経営陣に対し揺さぶりをかけていく。株主還元の究極のかたちともいえるMBO(経営陣による自社買収)を迫るのも常套手段だ。のちに行われた仮処分事件における裁判所の決定文などによると、村上氏のやり口は、例えば、自動車部品メーカーのヨロズにおいてこんな具合だった。

 前述のレノやC&I社がヨロズ株の買い占めを行っていることが公になったのは2014年9月中旬。それから間もなくの同月下旬、村上ファンドの元社員でレノの取締役を務める三浦恵美氏が横浜市に本社を置くヨロズに現れた。村上氏はレノの役員でなければ、C&I社の役員でもない。「(レノ及びC&I社の)両方とも村上さんのお金がほとんど」としつつ、三浦氏は村上氏について「私どものオーナーです」と説明した。

 それから5カ月後の2015年2月12日、ヨロズに電話があった。

「僕、筆頭株主ですよ」

 声の主は村上氏である。さらにこう続けた。

「僕、10%の大株主で御社の公募増資にクレームをつけているわけです」

 ヨロズはレノなどが市場で株を買い集めていた前年9月、公募増資を行っていた。村上氏はそれに対する不満を露骨にぶちまけた。そしてこんなことも言った。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ