「いつもはこんなに客が来とらん」…自粛要請無視のパチンコ店で見た“想像を絶する光景”の画像1
堺市のHALULU

 大阪府堺市が誇る世界遺産「大仙古墳」(通称・仁徳天皇陵)から府道2号沿いに少し東へ走ると姿を現す巨大なパチンコ店「HALULU」。4月29日に大型バイクで訪ねると、ひっきりなしに駐車場に車が出入りしていた。他県ナンバーも多い。大音響に耳を塞いで店を覗くと、パチンコ台の椅子はすべて埋まっていた。女性客も結構多い。新型コロナウィルス対策の「自粛」で静まり返ったゴールデンウィークだが、まるで別世界の喧騒だった。

 外で一服していた男性は「いつもは祭日もこんなに客が来とらん。びっくりや。それにいつもより若者が多くなったな」と話した。妻と来ていたこの男性は「娘は別のパチンコ店で働いていたがコロナで解雇されてもうた。息子もバイトでパチンコ店に勤めとるけど」というから、一家挙げてのパチンコファンのようだ。

「こんなでかい所は、月の売上が億単位やろ。何十万とかの休業補償なんかもらっても、なんの足しにもならんから営業しとるのやろうけど、さすがに今日までと違うかな。吉村知事も強気やし」

 翌30日。男性の予想通り、HALULUは閉店した。実は大阪府の吉村洋文知事は28日に「休業要請に応じてくれない店は30日に休業指示を出す」と明言していた。「お願いします」の要請レベルではなく、指示は罰則こそないものの行政命令。従わないと違反となる。

 30日朝、「府内のパチンコ店がすべて休業」との報告を受けた吉村氏は「指示はしません。ご協力ありがとうございました」と報道陣に満足そうな表情を見せた。吉村知事vs.パチンコ店は知事が勝利した印象だ。

 パチンコ店をめぐって滋賀県は三日月大造知事の休業要請に全店が応じたが、兵庫県では休業要請を拒否したフェニックス新在家店など3店舗などが営業を続けたため、井戸敏三知事は休業指示を出した。いずれにせよ、先んじたのは大阪で、井戸知事らは「後追い」でしかない。

店名を公表されたパチンコ店に客が殺到               

 新型コロナウィルス対策において「他の都道府県に先駆けて」を地で行く吉村知事。独断めいて見えるが、そこは弁護士。すべて新型コロナウィルス対策の「特別措置法」に基づく対応である。同法は「休業要請した旨を公開する」となっている。「店名を公開する」とは書いていないが、「店名を伏せるなら公開したことにはならない」と解釈したのだろう。

 吉村知事は4月14日にまず、府内のパチンコ店すべてに協力を要請した。応じてもらえない11店舗に、今度は特措法に基づいて22日までに休業要請をした。それでも要請に応じない6店舗の名を24日に公表し「これらの店には行かないでください」と会見する全国初の挙に出たのだ。さすがに大阪市内の2店舗など3店舗が休業した。さらに、28日には高槻市などの3店舗を追加公表した。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ