NEW
西川立一「流通戦争最前線」

コロナ禍で葬儀ができない…「コロナ対策葬」「セルフサービス葬」など続々登場

文=西川立一/流通ジャーナリスト、マーケティングプランナー
【この記事のキーワード】

, ,

コロナ禍で葬儀ができない…「コロナ対策葬」「セルフサービス葬」など続々登場の画像1
涙そうそう HP」より

 新型コロナウイルス感染拡大を受け緊急事態宣言が発令され、「密閉空間」「密集場所」「密接場面」の条件が揃う「3密」の回避が叫ばれるなか、社会生活があらゆる面で制約を受けている。

 参列者が多くなる葬儀、法事・法要も3密にあたり、大きな影響を受けている。そうしたなかで、終楽が運営する葬送オンラインサービス「涙(なだ)そうそう」では、提携している僧侶から新型コロナウイルスの影響で法事・法要が中止になったと声が寄せられたことから、クラスター感染防止を目的にさまざまなサービスを相次いで開始した。

 今年3月からスタートしたスマホによる読経サービス「スマ坊さん」は、スマホに送られたアドレスをクリックすると、専用画面から故人の俗名、戒名・法名・法号などが入ったお坊さんの生の読経が、スマホから流れ、関係者がそれぞれの場所で参加できる。僧侶の進行に従い、焼香、合掌、礼拝などを行い、読経の時間は法要・供養で15分前後、枕経で約10分、火葬場での炉前経で1~2分、通夜15分前後、告別式・初七日で15~30分、希望によって時間の短縮も可能だ。

 料金設定は法事と法要は2万円、一日葬4万円、家族葬6万円(いずれも静止画版)とセット料金も設け、5000円払うと宗派が指定でき、戒名も2万円~授与され、位牌なども購入することができる。

「コロナ対策葬」「荼毘葬」

 葬儀を自粛する動きが多いなか、葬儀を行ってクラスター感染が発生するといった懸念を払しょくするために、4月からは新たなサービスも設けた。

コロナ対策葬」は、通夜や告別式といった葬儀を行わず、1日霊安室に安置後、火葬する直葬を少人数で済ませ、その後は遺骨を手元に置いて供養し、コロナウイルス禍が収まってから後日葬を行うもの。火葬が済んだのち本葬を行うこのような方式は、以前から一部の地域では一般的に実施されていたものだが、経済性と利便性を徹底的に追求し、直葬は11万3000円~、後日葬は寺で10万円~、斎場で15万円~と今回改めて価格を抑えて提供している。

 スマ坊さんも併せて利用すれば、多くの人たちも参加が可能となる。また、より簡易で経済的な火葬のみを行う8万5000円の「荼毘葬」も用意している。

 外出自粛要請が出ている状況で、さらに一歩進めて葬儀を自宅で自分たちで行うという「セルフサービス葬」のサービスの提供も開始した。遺体搬送、火葬を済ませたうえで、写真立て、香炉、リン、ロウソク、線香など必要な道具を自宅に届けて、設定は利用者が行い、葬儀を執り行う。遺体安置、搬送、棺、葬儀用具8点、位牌制作、戒名、スマ坊さんの費用も含みセット料金は14万8000円。12万8000円の火葬とスマ坊さんの簡易な2点セットも用意した。

 いずれのサービスでも火葬の料金は自治体によって異なるため含まれておらず、遺骨の収骨、配送も別料金となる。

「受け継がれてきた葬送文化を否定するものではないが、直葬が増えるなど生活者の意識も変化している。コロナにより外出もままならないなかで、新しいサービスやフォーマットを低価格で提供することで利便性を高めてニーズに的確に対応していきたい」(終楽の伊藤俊吾社長)

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合