ニチイ学館、突然の上場廃止の怪…創業家ファーストの相続税対策か 後継者が電撃退任の画像1
東京証券取引所のメインルーム(「Wikipedia」より/Kakidai)

 介護大手のニチイ学館MBO(経営陣が参加する買収)を実施し、株式を非公開とする。米投資ファンド、ベインキャピタルがニチイ学館に対してTOB(株式公開買い付け)を行い、全株の取得を目指す。買い付け総額は1000億円程度になる。

 TOBの主体となるのはベインキャピタルが設立したBCJ-44(東京・千代田区、杉本勇次社長)。買い付け価格は1株1500円で、TOBを公表した前日の終値1094円に37%のプレミアムを付けた。買付予定株数は4953万株強(所有割合は75.24%)で、下限を同41.9%にあたる2758万株としている。買い付け期間は5月11日から6月22日まで。

 ニチイ学館の筆頭株主で24.76%の株式を所有する創業者の資産管理会社・明和はTOBに応募せず、TOB成立後にベインキャピタルに全株式を直接、譲渡する。6月24日に開催されるニチイ学館の株主総会で完全子会社化を議決の予定。ニチイ学館は株式の上場を廃止する。

 TOB成立後も森信介社長は引き続き同社の経営に当たる。創業家出身の寺田大輔副社長は退任し、取締役も退く。寺田剛常務が新たに副社長に就任する。BCJ-44の杉本勇次社長は社外取締役を続ける。森社長や寺田大輔氏、寺田剛氏はBCJ-44への出資を想定している。

 ニチイ学館は介護事業と医療事務受託事業で業界トップに立つが、人手不足が深刻化し、安定的な人材供給体制の構築が不可欠となっていた。成長分野への展開を含め大胆な経営改革を推し進めるためには株式の非公開化が望ましいと判断した、という。そこで、森社長と寺田剛常務が、15年6月から社外取締役を務めてきたベインキャピタル・ジャパン日本代表の杉本氏に相談した。

 株式の非公開化について「相続税対策」(金融筋)との見方がもっぱらだ。というのも、19年9月28日、創業者の寺田明彦氏が会長のまま、すい臓がんで死去した。享年、83歳。明彦氏は企業による本格的な介護サービスを国内で最初に始めた人物。長野県出身。1957年早稲田大学教育学部中退。68年に起業し、医療事務受託事業に乗り出した。73年、保育総合学院(75年にニチイ学館に社名変更)を設立、介護事業で業績を拡大。99年、東証2部に上場。02年、東証1部に昇格した。

 05年に社長から会長になった。国内の介護事業は競争が激しく、新規参入した英会話教室も苦戦。14年、会長を兼務したまま社長に復帰し、中国への進出など海外展開を図った。17年、社長を森氏に譲り、会長は続投した。

 明彦氏が保有していたニチイ学館株は当時の時価で200億円超といわれていた。長男の大輔氏(51)が副社長。次男の剛氏(47) が常務。親族で明彦氏の持ち株を相続したとされる。もし、市場で持ち株を売却すれば株価は暴落する。