ストロング系チューハイは酒ではなく薬物なのか?精神科医が依存&健康リスクに警鐘の画像1
「gettyimages」より

 近年、コンビニやスーパーの酒類売り場で幅を利かせている、アルコール度数7~9%の「ストロング系チューハイ(以下、ストロング系)」。価格が安く、アルコール度数も高いので“手軽に酔える”と人気を集めており、年々市場が拡大している一方、ストロング系を飲み続けることで、さまざまな健康リスクがあるとも言われている。

「会話もできないくらい酔ってフラフラに…」

 原田優さん(仮名・44歳)は、友人の男性がストロング系を愛飲するようになってから“酔い方が変わった”と感じる、と話す。

「この数年、彼がストロング系をよく飲んでいるのは知っていました。この前、久々に居酒屋で一緒にを飲む機会があり、彼はその日も『ストロング系を1本飲んでから来た』と言っていました。その後、普通のビールで乾杯したのですが、1杯目を飲み終わる頃には会話もできないくらい酔っ払ってしまい、足元もフラフラ。すぐにタクシーで帰らせました」

 翌日連絡をすると、飲み会の記憶もほとんどなかったという。原田さんは「酒に弱いイメージがなかったので驚いた」と振り返る。

 国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所薬物依存研究部で部長を務める精神科医の松本俊彦氏は、自身のフェイスブックでストロング系について「『危険ドラッグ』として規制した方がよいのではないか。半ば本気でそう思うことがよくあります」と投稿、依存症リスクの観点から警鐘を鳴らした。

「実は前々から、アルコール依存症患者のご家族から、ストロング系を飲んだときの酔い方がおかしいという声があり、自分の臨床経験でも患者さんの酔い方に違和感がありました。500ml缶を3本飲んで前後不覚の泥酔状態になったり、だらしない酔い方になったりするという印象です」(松本氏)

 そのほか、メンタルヘルスに問題を抱えている人がつらい気持ちを紛らわせるためにストロング系を飲んで自暴自棄になってしまうケースなど、松本氏のもとには多くの患者が相談に来るという。この投稿の反響は大きく、ネット上で議論を呼んだ。

「臨床現場ではよくある症例だったので、これほど注目されるとは思いませんでしたね。ただ、広く拡散された背景には、多くの人が心のどこかで『ストロング系はほかの酒とは違う』と感じている、ということなのかもしれません」(同)

ストロング系チューハイが抱える3つの問題点

 松本氏は「ストロング系には、大きく分けて3つの問題点がある」と指摘する。

「まずひとつは、飲みやすさです。アルコール飲料というよりも清涼飲料水の味に近いので、お酒の味が苦手な女性や、お酒になじんでいない若者も飲みやすく、ジュースや水のように急ピッチで飲めるのが特徴です。しかし、いくら飲みやすくても、ビールの倍近くのアルコール度数があるお酒を短時間で飲む行為は、さまざまなリスクを伴います」(同)

 確かに「お酒は飲めないが、ストロング系ならグイグイ飲める」という女性も少なくない。さまざまなフレーバーがあり、サイダーのような飲み口は“お酒を飲んでいる”という意識を薄れさせてしまうようだ。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ