NEW
片田珠美「精神科女医のたわごと」

キングダム作者、罪悪感なき大悪人か…小島瑠璃子や不倫相手を生け贄に作品創作、芸術家の業

文=片田珠美/精神科医
【この記事のキーワード】

, ,

キングダム作者、罪悪感なき大悪人か…小島瑠璃子や不倫相手を生け贄に作品創作、芸術家の業の画像1
小島瑠璃子のInstagramより

 人気タレントの小島瑠璃子さんが交際宣言した19歳年上の漫画家、原泰久氏は、超人気漫画「キングダム」(集英社)の作者として有名だが、前妻と婚姻関係にあった2018年頃から元アイドルの女性とも交際していたと「週刊文春」(9月3日号/文藝春秋)で報じられた。

「文春」によれば、原氏は元アイドルの女性とNHKの教養番組で共演したことから交際に発展したという。この女性には当時婚約者がいたが、原氏の「妻とは別れるから、付き合ってほしい」という言葉を真に受け、婚約者ときっぱり別れたらしい。

 しかし、原氏は結局この女性とは結婚せず、彼女は今年の春にひっそりと芸能界を引退。小島さんと原氏の熱愛が報じられた直後、この女性はツイッターに<許せないことがあった。5日間ご飯食べられず、眠れなかった>と投稿している。

天才画家ピカソを彷彿とさせる原氏の女性に対する仕打ち

「文春」の報道が事実とすれば、この女性に対する原氏の仕打ちは、天才画家パブロ・ピカソの40歳年下の愛人に対する仕打ちを彷彿とさせる。最初の妻と別居中だったピカソは62歳のとき、22歳の画学生フランソワーズ・ジローと同棲を始め、息子と娘を産ませるが、ピカソはなかなか離婚せず、フランソワーズは子供2人を連れて家を出ていき、別の男性と結婚する。

 最初の妻の死後、ピカソはフランソワーズに結婚を申し込み、フランソワーズは離婚。だが、これはピカソの策略だった。ピカソは、彼女とは結婚せず、79歳で45歳も年下のジャクリーヌ・ロックと結婚し、91歳で大往生するまで添い遂げる。

 フランソワーズに対する仕打ちは、彼女がピカソを捨てた唯一の女性なので、それに対する復讐だったのではないかといわれている。もっとも、フランソワーズもその後『ピカソとの生活』という暴露本を出版し、一矢報いた。

 ちなみに、二番目の妻のジャクリーヌはピカソの死後自殺している。ピカソと関わった女性のなかには、もう1人自殺した愛人がいる。ピカソが45歳のとき、街で見かけて「肖像画を描かせてください」と声をかけた当時17歳のマリー・テレーズである。彼女はモデルになり、愛人になり、「妻とは離婚する」との約束も信じて娘を1人産むが、10年近くも日陰の身に甘んじ、別の愛人のもとへ去ったピカソに捨てられたのだ。

 ピカソのやってきたことを振り返れば、アートディレクターの結城昌子氏の「ピカソは女性たちを生け贄にして20世紀の先頭を走りつづけたのはないかとさえ思うようになった」(『ピカソ 描かれた恋―8つの恋心で読み解くピカソの魅力』)という言葉も、決して誇張ではないといえる。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ