【確認中】初代頭取・西川善文逝去から考える「三井住友銀行」の誕生と、三井&住友グループ融合問題の画像1
2011年に発売された、西川善文著『ザ・ラストバンカー 西川善文回顧録』(講談社)。西川は、三井住友銀行頭取、全国銀行協会会長、日本郵政初代社長などを歴任した。

“三井住友銀行”初代頭取、「最後のバンカー」西川善文氏、逝去

 三井住友銀行の初代頭取、日本郵政の初代社長を務め、「最後のバンカー」とも称された西川善文氏が、2020年9月11日に亡くなった。享年82。

 西川氏といえば、三井住友銀行の合併を決断し、そのあとに続いた三井と住友の企業合併の流れをつくった人物として、歴史にその名が刻まれるだろう。

 1990年代中盤のバブル経済崩壊で、銀行業界は深い傷を負った。その打開策として浮上したのが、都市銀行同士の経営統合による体力増強。いわゆるメガバンク再編である(当時、上位行は「都市銀行協会」という業界団体に加盟していたため、都市銀行と総称していた)。

 1999年8月、日本興業銀行、富士銀行、第一勧業銀行が経営統合を発表した。現在のみずほフィナンシャルグループ(以下、みずほFG)、みずほ銀行である 。

 これに危機感を抱いたのが、他の都市銀行だ。

 みずほFGが誕生すると、その資産規模は約140兆円。当時、国内最大だった東京三菱銀行(現在の三菱UFJ銀行)の資産規模が約68兆円だったから、2位行の倍の規模という巨大銀行が誕生したわけだ。

 こうなると、都市銀行同士で経営統合しないと、圧倒的な規模を誇るみずほFGに太刀打ちできない。六大都市銀行(さくら・東京三菱・住友・富士・三和・第一勧業銀行)のうち富士銀行と第一勧業銀行が合併したわけであり、残りの4行もそれぞれ合併を模索した。

 そこで注目されたのが、さくら銀行(旧三井銀行)の動向だった。

2001年、住友銀行(住友グループ)とさくら銀行(三井グループ)が合併し、「三井住友銀行」誕生す

 当時、さくら銀行は単独での生き残りが難しいといわれていた。しかし、残り3行のうち、東京三菱銀行・住友銀行は、共に三菱グループ・住友グループを基盤とした財閥系都市銀行。東京三菱銀行首脳が「旧財閥的発想かもしれないが、住友と三井ではグループ企業があらゆる業界で競合する。合体したときの混乱を考えれば、とうてい踏み切れないのではないか」と語ったように、財閥系銀行同士の経営統合は考えられなかった。

 さくら銀行は合併しないと生き残れない。だが、合併するなら、財閥を母体としない三和銀行(UFJ銀行を経て、現在の三菱UFJ銀行)しかないと誰もが思っていた。

 巷間では「次は三和・さくらが合併する」との観測報道が目立つようになる。

 行儀の悪い銀行といえば、1990年前後のバブル経済の頃は住友銀行の悪名が轟いていたが、手痛いしっぺ返しを受けて、その後、住友銀行は穏健派を頭取に据えて、しばらく隠忍自重の姿勢を堅持した。関西で住友銀行が静かになると、代わって三和銀行が幅をきかせていく。つまり、メガバンク再編の頃、一番行儀の悪い銀行といえば、三和銀行だった。

 その三和銀行が、さくら銀行には自行との合併以外の選択肢が残されていないと勝手に思い込み、かなり高飛車な態度で合併を打診したようだ。

 一方、住友銀行は、関西のライバル行・三和銀行がさくら銀行と合併して巨大銀行になることはなんとしても阻止したかったという。あれこれ考えるうちに、住友銀行自身がさくら銀行と合併すればいいと思いついた。

 住友銀行は、極めて紳士的にさくら銀行に経営統合を申し入れたらしい。結局、さくら銀行は住友銀行を選んだ。こうして、三井と住友という300年以上の歴史を背景に持つ財閥系企業同士が合併したのであった。

【確認中】初代頭取・西川善文逝去から考える「三井住友銀行」の誕生と、三井&住友グループ融合問題の画像2
バブル期以降、いくつもの主要銀行が経営統合や合併を繰り返し、現在の“3大メガバンク”となった。