乾汽船を異常なほど執拗に攻撃する“正体不明の投資ファンド”…狙われる不動産リッチ企業の画像1
乾汽船株式会社 HP」より

 東証1部に上場する乾汽船の支配権をめぐって、同社と正体不明のアクティビストファンドとの間で熾烈な争いが続いている。本尊をひた隠しにする投資ファンド、アルファレオホールディングス(HD)が執拗に「買収防衛策」の廃止と役員の解任を求めており、11月4日に臨時株主総会が開かれる。

 アルファレオHDの乾汽船に対する執拗な攻撃は昨年から続く。アルファレオHDは株主として自らが招集した今年5月7日開催の乾汽船臨時株主総会で、わざわざ現経営陣を批判する動画まで制作し、来場した株主向けに放映した。翌8日には、「2020年5月7開催の乾汽船株式会社臨時株主総会までの経緯をまとめた動画」というタイトルでその動画をYouTubeに公開した。

 乾汽船は「一つ一つ訂正しきれないほど事実誤認が多い」と即座に反発。アルファレオHDは、これまでに社長をはじめ取締役や監査役の解任を繰り返し要求し、他の株主からの賛同が得られず、何度も株主提案が退けられながらも、攻撃の手を緩めない。経済紙記者も「異常な攻撃ぶりに、機関投資家をはじめ、他の株主はついていけない」と漏らす。

 傍目には異常に映るこうした攻撃の狙いはいったいなんなのか。そして、アルファレオHDとは何者なのか。

 乾汽船は1904年に乾新兵衛が購入した中古船からその歴史が始まる。その後、1908年に乾合名会社(のちの乾汽船)、25年に関東土地(のちのイヌイ倉庫)を創設し、新兵衛は倉庫事業と海運事業を展開。新兵衛は神戸5人男と呼ばれるようになる。52年に東証に上場。2014年にはイヌイ倉庫と乾汽船は合併し、現在の乾汽船に至る。

 乾汽船の業績は、近年、構造不況ともいえる海運事業が足を引っ張るが、その実、東京湾岸エリアの勝どき・月島には広大な不動産を保有しており、湾岸エリアを中心に開催予定の東京オリンピックの影響もあり、不動産価格が高騰。足下の業績が振るわず株式時価総額は250億円程度なのに対し、保有不動産の価値は優に600億円を超える隠れた優良企業だ。

 そんな乾汽船に目を付け、19年に筆頭株主として浮上したのが、これまで無名だったアルファレオHDだ。現在の保有株式総数は756万株で、全株式の30.34%に相当し、断トツの筆頭株主となっている。

裏にはバッファロー創業家2代目社長

 東京永田町の山王パークタワーに拠点を置くこの投資ファンドは背後関係を執拗に隠しているが、すでに本誌が報じている(https://biz-journal.jp/2019/11/post_126184.html)通り、アルファレオHDを実質的に保有・コントロールしているのは、通信機器のバッファローや流水麺で有名なシマダヤを子会社に持つ東証1部上場のメルコホールディングス創業家の若き2代目社長、牧寛之氏である。

 バッファローといえば、創業の地・名古屋を中心に名経営者として尊敬を集めた故牧誠氏が創業した通信機器大手で、足下ではコロナ禍の在宅ワークによる特需もあり、業績は好調。バッファローは、ソニーグループのソニー・インタラクティブエンタテインメントとも協業して新商品を発表するなど、牧氏の表向きのビジネスは好調だ。

RANKING

関連記事