NEW
大崎孝徳「なにが正しいのやら?」

日本の労働生産性、50年間先進国で最下位の惨状…“日本一幸せな会社”のコスト削減法

文=大﨑孝徳/神奈川大学経営学部国際経営学科教授
【この記事のキーワード】

, ,

【完了】日本の労働生産性、50年間先進国で最下位の惨状…日本一幸せな会社のコスト削減法の画像1
「未来工業株式会社HP」より

 国際的に日本人は、「真面目で働き者」といった評価が主流であり、われわれ日本人自身もそう認識している。たとえば、海外におけるスーパーマーケットで、精算スピードのあまりの遅さに驚いた経験がある人も少なくはないだろう。日本の自動車メーカーの工場で研修を受けた経験がある筆者にとって、米シアトルのボーイング工場で優雅に作業するスタッフの姿は驚愕に値するものであった。

 こうした前提に立てば当然、日本の生産性はかなり高いだろうと予想されるが、実際には主要先進7カ国(アメリカ・フランス・イタリア・ドイツ・カナダ・イギリス・日本)のなかで、データが取得可能な1970年以降、最下位の状況が続いている。さらに、日本におけるサービス業の生産性の低さは際立っている。

 労働生産性はアウトプット(付加価値額または生産量など)÷インプット(労働投入量<労働者数または労働者数×労働時間>)で算定される。よって、生産性を向上させるには、産出される付加価値を拡大させるか、労働投入量を削減するか、これらの双方を実行していかなければならない。以下、労働投入量の削減に注目していく。

“日本一幸せな会社”未来工業のコスト削減

 10年以上前になるが筆者は、「残業禁止」「ノルマ禁止」「年間休日140日」といった方針により、“日本一幸せな会社”と呼ばれる岐阜県大垣市の未来工業を訪問し、創業者である故山田昭男氏に話を聞く機会があった。

「未来工業では“常に考える”ことしか社員に要求しない。未来工業の営業マンの仕事は“商品を売ること”と“情報を集めてくること”。こうした方針のもと、たとえば最終ユーザーにのみ注目するのではなく、取り付けやすさなど現場の作業者にも配慮した製品などが年間1000以上も生まれている」

 このような興味深い話を、たくさん聞くことができた。また、“電気をなるべくつけない”という方針のもと、階段や廊下は薄暗く、コピー枚数を減らすためにコピー機の数を最小限に抑えるなど、徹底したコスト削減に関わる取り組みが実行されていた。

 とりわけ、「当社の倉庫には警備員もいないし、防犯システムなども設置していない。そうしたことにコストをかけるより、盗られたほうが安い」という山田氏の言葉は、今も心に残っている。

ピットデザインのスマートパーク

 ビジネス系情報番組『がっちりマンデー!!』(TBS系)で、独自のコイン・パーキング・システム(スマートパーク)を展開するピットデザインが紹介されていた。スマートパークでは“ゲート機”や“ロック板”を設置せず、入り口と出口に設置したカメラで車両とナンバープレートを記録し、利用者は自らのクルマのナンバー4桁を精算機に入力するシステムとなっている。

 通常、ゲート機は入り口と出口の1セットで約600万円、ロック板は1台約30万円となっており、こうしたコストを削減できるわけだ。一方、ゲート機やロック板がないため、料金を支払わない者が続出してしまうことが危惧されるが、99%以上の利用者は適正に支払っているとのこと。「一部の不届きもののために、一般の方が損をしているのがこれまでの駐車場」と、ピットデザインの池末社長はコメントとしていた。

 ちなみに、料金を支払わなかった場合、ナンバーのデータを記録し、次回の利用時に警告が出る仕組みになっている。

 さらに、近年、ショッピングモールやスーパーマーケットの駐車場に採用されることも増えてきている。精算はナンバー入力とレシートのスキャンで行うため、1枚あたり2~3円のコストがかかる駐車券を発行する必要がなくなる。

 業績は好調で、2016年に事業を開始して2019年までに163カ所まで増え、今年は100カ所程度新設される予定だといい、50億円の売り上げを見込んでいる。

『「高く売る」ためのマーケティングの教科書』 プレミアム商品やサービスを誰よりも知り尽くす気鋭のマーケティング研究者が、「マーケティング=高く売ること」という持論に基づき、高く売るための原理原則としてのマーケティングの基礎理論、その応用法、さらにはその裏を行く方法論を明快に整理して、かつ豊富な事例を交えて解説します。 amazon_associate_logo.jpg

関連記事