信越化学工業、超高収益企業の秘密…「多品種少量生産」「世界シェア首位」で値崩れと無縁の画像1
信越化学工業 HP」より

 信越化学工業が次世代通信規格「5G」向けの電子材料を相次いで発売した。5Gの通信速度は現行の4Gと比べて100倍。高速・大容量の5Gの特長を存分に発揮できる素材が求められる。プリント基板や基地局のアンテナに使える材料として3つの製品を開発。21年に量産化を目指す。

 ひとつは「石英クロス」。5Gは高周波の電波を使うため、電気信号が損失しやすい性質を持つ。従来の配線基板で使う樹脂では通信性能を維持するのが難しいとされてきた。石英クロスは極細の石英の糸を原料とし、配線基板の材料として使えば信号の損失を大きく減らすことができる。

 5G対応の半導体ウエハー向けには表面に窒化ガリウム(GaN)層を形成した製品を開発した。スマートフォンなどへの搭載を働きかける。

年間配当は前期比20円増の1株当たり240円

 10月27日、2021年3月期の連結決算の予想を公表した。売上高は前期比7.4%減の1兆4300億円、営業利益は7.2%減の3770億円、純利益は9.9%減の2830億円を見込む。純利益は市場平均(QUICKコンセンサス)の2939億円(6%減)を下回る。ただ、前期に計上した政策保有株の売却益(78億円)を除くと、市場の期待通りの着地となる。

 期末配当金は、第2四半期末配当金(110円)から20円増やし、1株当たり130円とする。年間の配当の合計は前期の220円に対して20円増の同240円となり、6期連続の増配となる見通しだ。年間配当は6年で2.4倍となる。

 21年3月期第2四半期(20年4~9月)の連結決算の売上高は前年同期比9.7%減の7105億円、営業利益は12.5%減の1843億円、純利益は15.0%減の1403億円だった。

 信越化学の事業は塩ビ・化成品、シリコーン、機能性化学品、半導体シリコン、電子・機能材料、加工・商事・技術サービスの6つに大きく分けられる。住宅用の建材に使う塩化ビニール樹脂と半導体用のシリコンウエハーの2つが収益を支える屋台骨だ。塩化ビニール、シリコンウエハーとも世界シェア首位である。

 塩ビ・化成品部門の第2四半期の売上高は前年同期比15.5%減の2138億円、営業利益は27.7%減の374億円。米国での塩ビの販売に、コロナの意外な追い風が吹いた。4~5月は都市封鎖などで落ち込んだが、米住宅市場の回復で持ち直した。感染拡大で都市の生活を避け、郊外に住宅を買い求める人が増えているためだ。9月の米住宅着工戸数は前月比1.9%増えた。こうした動きを背景に4月を底に塩ビ・化成品は回復基調にある。

 塩ビは需要増から値上げも浸透しやすくなっている。9月に続き10月も値上げできる見通しとなった。販売増だけでなく、利益面でも下期(10月~21年3月)にかけて上向く。

 シリコンウエハーの販売も堅調だ。シリコンウエハーは半導体を構成する部品で、パソコンやスマートフォンのCPU(中央演算装置)やメモリー、ICチップ、太陽電池、車など実にさまざまな分野で使われている。

関連記事