隠れた世界的企業・村田製作所、日本経済を牽引…セラミックと全固定電池で世界を変えるの画像1
村田製作所 HP」より

 2020年11月、村田製作所の株価が大きく上昇した。外国人投資家が日経225先物を買い戻したことによって同社の株価が押し上げられたことに加え、セラミックコンデンサを筆頭とする電子部品と電池分野における同社の成長期待が高まっていることは見逃せない。

 その背景には、新型コロナウイルスの感染の拡大によって、今後の世界経済に大きな影響を与える“メガ・トレンド”が明らかになったことがある。コロナショックを境に、経済のデジタル・トランスフォーメーション(DX)が加速している。中長期的に世界全体でIT関連の投資は増えるだろう。また、環境対策をはじめ高性能な電池への需要も高まっている。

 村田製作所はセラミックコンデンサや樹脂多層基板の事業に加え、電池事業の育成に取り組んでいる。現在の世界経済の環境変化は同社にとって追い風だ。同社がセラミック関連の技術を磨き、次世代の電池関連の技術を確立できれば、成長期待は一段と高まるだろう。それは、同社だけでなくわが国産業の競争力向上にも重要な役割を果すはずだ。

競争力を発揮する村田製作所のセラミックコンデンサ

 セラミックコンデンサの世界最大手である村田製作所は、加速化する世界経済の環境変化に対応する力を持つ、日本を代表する企業だ。特に、同社のセラミックコンデンサの競争力は世界的に高い。

 同社の競争優位性は、直近の決算から確認できる。2020年4~6月、コロナショックの影響によって村田製作所の売り上げと受注高は落ち込んだが、その後の業績は反転している。2020年度上期の売り上げは7,520億円であり、前年同期の実績(7,609億円)近辺まで回復した。また、最終利益は前年同期の実績を上回った。四半期ベースの受注高はコロナショック以前の水準を上回った。製品別に売上高を確認すると、セラミックコンデンサは自動車のペントアップディマンドや、世界的なテレワークの浸透によるパソコン需要を取り込んだ。また、5G通信に対応したコネクティビティモジュール(通信ユニット)や基盤への需要も高まった。

 別の角度から、村田製作所の決算を考察すると、同社は世界経済のデジタル・トランスフォーメーションという“メガ・トレンド”にうまく対応できている。重要なことは、新型コロナウイルスの感染が発生したことによって、人々が移動を制限しつつ経済活動を行わなければならなくなったことだ。その結果、ネットショッピングやオンラインでの就業、教育をはじめ情報通信技術が経済に与える影響が一段と高まった。そうした変化がパソコン、サーバーなどへの需要を高めた。村田製作所のセラミックコンデンサ事業はそうした変化に確実に対応している。同社の競争力は高いだけでなく磨きがかかっているというべきだ。

RANKING
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合