主演俳優・吉沢亮の低知名度だけじゃない、大河ドラマ『青天を衝け』が確実にコケる3つの根拠の画像1
コロナ禍で放送開始が遅れた2021年のNHK大河ドラマ『青天を衝け』が、いよいよ2月14日に放送開始される。渋沢栄一役に抜擢されたのは、若手俳優の吉沢亮。(画像はNHK『青天を衝け』公式サイトより)

 コロナ禍により前作『麒麟がくる』の収録・放送期間がズレ込んだため、2021年のNHK大河ドラマ『青天を衝け』は、史上初の2月に放送開始という異例の事態となった。新1万札(2024年度に流通予定)に肖像が描かれる、「日本資本主義の父」渋沢栄一を主人公としたこの作品、実はスタート前から、いくつかの理由により、視聴率的に大きくコケるのではないかと懸念されている。

 まず、渋沢役に抜擢された若手俳優の吉沢亮は、『なつぞら』(NKH)、『半沢直樹』(TBS系)など人気作品に出演歴はあるものの、主演連続ドラマをヒットさせた実績がなく、歴代大河ドラマの主演俳優のなかでもネームバリューがかなり低い部類に入る。ゴールデンタイムで約1年間続く作品を背負うには弱いのではないか……というのは、このキャスティングが発表された時点で各方面から指摘されたことだ。

しかしその点をのぞいても、過去の大河ドラマの傾向と照らし合わせると、『青天を衝け』はコケそうな条件を備えているのだ。果たして、その「条件」とはなんなのか?

綾瀬はるかも玉砕! 知名度の高くない人物が主人公だとほとんどコケる

 平成以降、大河ドラマの視聴率は全体的に下がっている。昭和期は30%を【註】超えることはザラにあったが、平成期にその大台に達したのは、『秀吉』(1996年)のみ。これは、テレビ全体の平均視聴率の低下と比例した現象であり、今昔の作品の視聴率を単純比較することはできない点は考慮に入れつつ、論を進めたい。

【註】本稿における「視聴率」は原則として、ビデオリサーチ調べ・関東地区の数字の全話平均とする。

 大河ドラマ史上最高の視聴率(39.7%)を記録した『独眼竜政宗』(1987年)は伊達政宗、史上2位(39.2%)の『武田信玄』(1988年)は武田晴信(武田信玄)が主人公。その他、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康、大石内蔵助など、日本史のスターを描いた作品は高視聴率を獲得する傾向がある。その一方で、主人公が一般的にそれほど馴染みのない人物、架空のキャラクターの作品はその反対の現象が起きやすい。

 近年では、綾瀬はるか主演の『八重の桜』(14.6%/2013年)、井上真央主演の『花燃ゆ』(12%/2015年)がこれに当てはまる。前者は、会津藩砲術師範・山本家の長女・新島八重、後者は長州藩士・杉家の四女である楫取美和という、世間での認知度が高いとはいえない人物が主人公であり、共に視聴率の苦戦が伝えられた。

 時代を遡れば、1970年代の作品で唯一20%に届かなかったのは、中村梅之助主演の『花神』(1977年)。同作の主人公は、幕末に維新政府軍の“軍師”として活躍した大村益次郎で、一般的には歴史上の超有名人ではなかった。

 そしてこのパターンのもっとも典型的な例が、記憶に新しい大河ドラマ史上最低視聴率(8.2%/2019年)を記録した『いだてん〜東京オリムピック噺〜』だろう。日本人初のオリンピック選手・金栗四三(中村勘九郎)、1964年東京五輪招致活動の功労者・田畑政治(阿部サダヲ)と、功績は偉大ながら、誰もが知る存在……でもない人物を描き、多くの視聴者からの支持を集めることができなかった。

『青天を衝け』で吉沢亮が演じる渋沢栄一は、日本の経済史においては超重要人物であるが、日本史のスターとはいい難い。この点から、『いだてん~』と同じパターンが想定されるのだ。

主演俳優・吉沢亮の低知名度だけじゃない、大河ドラマ『青天を衝け』が確実にコケる3つの根拠の画像2
2019年放送のNHK大河ドラマ 『いだてんいだてん〜東京オリムピック噺〜』のブルーレイ版ジャケット(発売はNHKエンタープライズ)。綾瀬はるかはこの作品にも出演している。
RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合